2010年05月28日

『MM9』ドラマ放映決定!

 もうご存知の方も多いでしょうが、『MM9』の実写ドラマ版の放映が決定し、先日、情報が解禁になりました。

公式HP
http://www.mmmmmmmmm.jp/

MBS公式HP
http://www.mbs.jp/mm9/

 今のところMBSのみ、関西ローカルなんですが、評判がよければ他の地域でも放映されると思います。
 最初にお断りしておきますが――
 ヒメは出ません!(笑)
 最初は出す案もあったんだけど、結局はポシャっちゃいました。やっぱ実写では無理みたいです。ま、しょうがないですけど。
 だもんで、設定とキャラクターは原作にほぼ準拠していますが、ストーリーはオリジナルです。

 今年の1月には撮影現場も見てきました。千代田区の無人になった古い庁舎の一室を改造して、気特対本部を作ってるんですが、細かいところまで凝っていて感心しました。

 ビルの前には「象」と書かれた車が停まっていました。これは撮影用車両。気特対機動班の車という設定で、中にはパソコンやら観測機材やらがぎっしり詰まっています。
 本当は「気象庁」と書いてあるんですが、本物の気象庁の車と間違えられるといけないというので、普段は「気」と「庁」にシールを貼って隠してるんだそうです。
 

 気特対本部のセットはこんな感じ。
 僕のイメージではもっと近代的な設備だったんだけど、ドラマ版では何十年も使われてきて老朽化している設定です。写真には写ってませんが、入り口の「気象庁特異生物対策部」の看板がものすごく古ぼけているように作ってあって、いい感じです。
 本物の気象庁の施設はもっと新しいのですが、こういう使いこんだ雰囲気もリアリティがあっていいですね。

 これもリアリティがあって気に入った箇所。気特対本部の一角、べたべた貼られたお札と、「気象庁」と書かれたダルマ。怪獣災害が防げますようにという祈願の意味があるようです。お札は本物ではなく、美術部の人が作ったらしいです。
 このダルマはどういう目標を達成すれば目が入るんですかね。

 久里浜部長の部屋の本棚に置いてある本。読みてえ!(笑)
 他にも、パソコンのモニターとか書類ファイルとか、「こんなところまで写らないだろ」と思えるところまで、きっちり作ってあります。

 これも画面に写るかな? 廊下に貼ってあったポスターです。
 本物の気象庁の協力が得られなかったので、こうしたポスターもみんな美術部の人が作ったんだそうです。

 部屋の上の方の壁には、終戦直後から現代までに、この世界の日本に出現した歴代の怪獣の名前が貼ってあります(写りが悪くてすみません)。1966年は怪獣の当たり年だったそうで、この年だけやたらに多いです。札の大きさの違いはMMの等級を表わしてるのかな? 
 じっくり見ると、いろんなお遊びが隠れてます。たとえば1954年に出現した「ザギラ」という怪獣ですが、84年に「ザギラ二世」というのが出て、その後に「コスモザギラ」というのも出てるんですね。他にも77年には「プレシオドン」「ラムホー」という怪獣が出現したそうです。何人が分かるんだ、そんなネタ。


 俳優さんたちとのスナップも撮りました。特に藤澤さくら役の石橋杏奈さんがめちゃくちゃかわいい!
 原作ではあまり美人じゃないように書いちゃってすみません。この子のために毎週観ようと思います。
  
タグ :PRMM9


Posted by 山本弘 at 17:47Comments(20)PR

2010年05月28日

NHKが「オトコの娘」特集!

 録画しておいた今週の『MAG・ネット』をようやく観たのである。
 なんと今週は「オトコの娘」特集! 何ですとぉ!?

http://www.nhk.or.jp/magnet/program.html

 いや、さすがにビックリしたわ。NHKで特集組むとはな。
 しかもこれが濃い!

 冒頭の小野大輔の台詞からして、

「MAG・ネット開園だよ。わぁい」

 うわあああ、これはごくごく一部の人にしか通じねえ!(笑)分からない人は「開園だよ わぁい」で検索してみてほしい。

 まず紹介されるのは『バカテス』の秀吉。ちゃんとあのプールと銭湯の回でした。

 トークのコーナーでは、桃井はるこが『はいからさんが通る!』の蘭丸にまでさかのぼるかと思えば、吉本たいまつ(オタク文化史研究者)が『ブロッケン・ブラッド』や『プラナス・ガール』などの女装男子が出てくるマンガを紹介したり、福田淳(読売新聞記者)が『はぴねす!』の渡良瀬準にゃんの魅力について熱く語ったり……視聴者の大半は早くもここらへんで脱落するんじゃないかと心配になるんですが(笑)。

 他にも、準にゃんを筆頭に、『乙女はお姉さまに恋してる』の宮小路瑞穂、綾崎ハーマイオニー、『恋する乙女と守護の盾』の山田妙子、『もやしもん』の結城蛍が次々に紹介される。
 えーと、『おとボク』と『恋盾』って、元は18禁ゲームなんじゃ? いいのかNHK。

 今年創刊された日本初の(そりゃそうだろ)オトコの娘専門マガジン『わぁい!』の紹介。
 編集者は『オンナノコになりたい!』や『女装少年コレクション』を出した人。オトコの娘専門誌を出すのは10年越しの念願だったとか。
 番組中では言ってなかったけど、この創刊号には付録で「ブルマ風のなにか」が付いてるんだそうだ……ブルマじゃないから恥ずかしくないもん?

http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51017202.html

 いよいよ本物の女装男子登場。ニコ動で女装で生放送をしているノトフさん。
 感想?
 うん、やっぱりオトコの娘は2次元の方がいいよね(笑)。

 しかし、番組スタッフの暴走はまだ止まらない。次は「オトコの娘になろう!講座」。番組のADに化粧&女装させてしまうのだ。
 しかも、それを撮っているスタッフもみんな女装! すごい光景である。「これはひどい」と冷静にナレーションする小野大輔。やっぱり「お前だけに恥ずかしい想いはさせない。俺たちもみんなやるから!」とか言って口説き落としたんですかね。
 繰り返しますけど、NHKですからね、この番組。

 いったん特集を離れ、ニュースのコーナーで紹介されたのは、「ネットで有名な警察官」関根秀樹さん。ブラジリアン柔術の世界大会で優勝した人で、ものすごいマッチョな肉体で話題になったのだが、ここで入る小野大輔のナレーションが、「あんかけチャーハン」「歪みねぇな」。
 いやだから、一部の人しか分かんないって!

 茨城県下妻市のHPのイメージキャラクター、シモンちゃん。
 蝶(オオムラサキ)をモチーフにしてるんだけど、背中から生えた羽根の模様がオスのオオムラサキだというので、ネットでは「シモンちゃんオトコの娘疑惑」がささやかれているとか。市では「性別については特に決まっていません」と説明している。
 いや、こんなにかわいい子が女の子のはずがないと思います(笑)。

http://www.city.shimotsuma.lg.jp/shimon_chan/index.html

 最後は「両声類」の人たちを紹介。
 両声類とは、男なのに男と女の両方の声を出せる人のことである。たとえば番組に出演した「りゃく」さんの歌はこんな感じ。

 1人2役でデュエットしたり、「えーりん」が途中で男声から女声にスムーズに移行したり、いろいろとすごすぎ。
 他にも、赤羽のGさん、アルティメット・ハイさん、百花繚乱さんら、ニコニコ動画で活躍している女声の歌い手が登場。みなさん、特殊な発声法を練習で身につけたそうな。言われなきゃ男だとは気がつかない。

 番組中でも言っていたけど、オトコの娘という趣味は同性愛とはまた違うのである。僕もオトコの娘は好きだけど、3次元で抱き締めたいとは思わない。オトコの娘に求めているのは、「本物の女の子以上の女の子らしさ」だ。
 女装の人や両声類の人たちにしてもそうで、むしろ女の子が好きで、イメージの中で理想の女の子を追求した末に、「自分で演じる」という境地に到達したんじゃないかと思える。脳内の女の子を実体化する手段が、女装であり女声なんじゃないかと。

 ちなみにオトコの娘マガジン『わぁい!』は初版5万部をほぼ完売して、現在、増刷中だとか。いよいよ時代が来たなー。
 思えば『サーラ』は早すぎたね(笑)。(オトコの娘とヤンデレのカップルだもんな)

【追記】
 見そこねた人には、BShiで再放送があります。

 5月28日(金)24:20~
 6月2日(水)17:00~
  


Posted by 山本弘 at 14:36Comments(0)サブカル