2010年04月20日

『アイの物語』英語版

『アイの物語』英語版『THE STORIES OF IBIS』が、4月20日よりアメリカで発売されています。
(というか、発売されているはず……まだ現物を見ていないので)

THE STORIES OF IBIS
http://www.haikasoru.com/the-stories-of-ibis/

 この「HAIKASORU」というのは、日本のSFやファンタジーを英語圏に翻訳出版している叢書で、これまでにも、神林長平『戦闘妖精・雪風』、乙一『ZOO』、小川一水『時砂の王』、野尻抱介『太陽の簒奪者』、宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー』『英雄の書』、高見広春『バトル・ロワイアル』、桜坂洋『All You Need Is Kill 』『スラム・オンライン』などが訳されています。
 ちなみに「HAIKASORU」という名前は、フィリップ・K・ディックのSF『高い城の男』に由来します。「High Castle 」の発音をローマ字表記したのだそうです。(だったら「TAKAISHIRO」でもいいんじゃないかって気がしますが……)

 ネット上では、宣伝の意味で、第1話「宇宙をぼくの手の上に」が公開されています。

http://wordswithoutborders.org/article/from-the-stories-of-ibis/

 訳者は日本人の方です。ざっと見ただけですが、けっこう忠実に訳してあるようです。


I could believe any other story. A sentient warship destroying four Federation battleships, a hyperdimensional vortex swallowing up planets, the vicious shape-shifting mechanoid reaper, the existence of the great Sower who scattered the seeds of intelligent life throughout the galaxy—for all that I could suspend my disbelief. But Shawn killing someone . . .
(原文:他の話なら信じられる。連邦軍戦艦四隻を撃破する生体宇宙船や、惑星を呑みこむ超次元のデルタ渦動、何にでも変身できる凶悪なメカノイド・リーパー、銀河全域に知的生命の種をばらまいた偉大な〈播種者〉の存在なら、いくらでも受け入れられる。しかし、ショウンが誰かを殺したなんて……。)

Before sitting down on the cushion I put out for him, the detective took a slow turn around the center of the room, eyeing various things with a penetrating look. "Hmm . . ." he murmured. It was probably a habit that came with the job, but I couldn't help shrinking in embarrassment. The bookshelves stuffed with science fiction novels, the piles of manga stacked on the floor, the model of the Enterprise hanging from the ceiling, the computer taking up most of the small table, a half-finished drawing, and the toy figures arranged along the top of the monitor were hardly the kinds of things found in a single woman's room.
(原文:私が出した座布団に腰を下ろす前に、刑事は「ほう……」と言いながら部屋の中央でゆっくりと一回転し、室内のあらゆるものを鋭い目つきで観察した。職業柄、というやつだろうが、私はすっかり恐縮してしまった。SFの文庫本がぎっしり詰まった本棚、床に積み上げられたマンガ、天井から吊り下げられたエンタープライズ号のプラモデル、小さなテーブルを占拠しているパソコンと、描きかけのイラスト、モニターの上に並べられたお菓子のオマケのフィギュアなど、女の一人暮らしとは思えない部屋だからだ。)

But I now knew that was an impossible dream. With the developments in space travel all but stalled in real life, I couldn't believe that the age in which civilians could take a casual trip to space would come before I died of decrepitude. Traveling to another planetary system at speeds surpassing the speed of light was physically impossible, and the probability of an interplanetary visitor attempting first contact virtually nil. The human race would likely continue to be bound by earth's gravity, only to die in obscurity without having learned of the existence of multitudes of intelligent species.
(原文: 現実の宇宙開発は停滞していて、私が老衰で死ぬ前に民間人が気軽に宇宙旅行に出かけられる時代が来るとは思えない。ましてや光の速度を超えて他の恒星系に行くなど物理的に不可能だ。異星人がコンタクトしてくる確率も、ゼロではないけども限りなく小さい。おそらく人類という種は地球の重力に縛られ続け、他のたくさんの知的種族の存在も知らないまま、ひとつの星の上で孤独に朽ち果てていくのだろう。)

 いやあ、自分の文章が英語になってるって、感無量でありますな。「アイの物語」の中のTAIの会話はどう訳されてるんですかね。興味津々。
 あと、著者略歴欄にある僕の小説の英訳題。

“February at the Edge of Time ”
“God Never Keeps Silent”
“The Unseen Sorrow of Winter”
“Day of Judgment”

 おお、英語にすると何かかっこいいじゃん!

 この他にも『シュレディンガーのチョコパフェ』の韓国版の話も進んでたはずなんだけど、こっちはすでに発売されてるんだかどうなんだか……ハングルなんてさっぱり分からないから、検索のしようがありせん。「シュレディンガー」とか「チョコパフェ」ってどう表記するのか。そもそも韓国にチョコパフェってあるのか?
 あと、短編「メデューサの呪文」がフランスに訳されるという話もありましたっけ。

 まあ、こういうのってロイヤリティも部数も少ないので、そんなに金にはならないんですけどね。それでも自分の小説が海外の人に読んでもらえるのは嬉しいです。
  
タグ :SF


Posted by 山本弘 at 18:12Comments(8)PR

2010年04月20日

今月のMMD

 今回、専門用語を多用しますが、面倒なのでいちいち説明しません。ついてこれない方はついてこなくてかまいません。

 第4回MMD杯の余韻も冷めないうちから、どんどんすごい作品が出てきている。
 4月に入ってからニコ動にアップされた作品の中から、僕が特に感銘を受けたものをいくつか紹介したい。

【MMD】 りれい将軍


 文句なしに傑作! もう何回も見た。モーションは他の人からの借り物だが、この表情がたまらない!
 コメントでみんな遊びまくってるのも楽しい。「『待たれい』と申せ」には笑った。

 現在、この上様モデルを使ったMMD動画が増殖中。第4回MMD杯が生んだビッグヨーデルのように、局地的なブームとなっている。「上様サーキュレーション」「生き物のような抱き枕魅杏さん」「場閑素(鷹狩)とワールドイズ殿」などなど……
 ホメ春香とかもそうだったけど、突然、何が流行るか予想もつかないのが、ニコ動の面白いところ。

【MikuMikuDance】新番組インドキャッチプリキュア!OP【なますて】


『ハートキャッチプリキュア』第1回放映直後にアップされた「インドキャッチプリキュア」というMADを、MMDで完コピしたもの。
 物量もすさまじいけど、モーションも素晴らしい。これも感動して何度も見てしまった。

【MMD】ネルドラム12.1:るらら♪でTEST的なもの


 まだ試作段階だけど、それでもすごい。ネルのスティックさばきにほれぼれする。
 完成が楽しみである。

【MMD】スーパーアイドルマスターLⅣU!【新キャラクター”ハルカ”】


『スーパーストリートファイターⅣ』の新キャラクター、ハカンのPVを、アイマス+αで再現。元ネタ自体がカオスなんだけど、それがさらに破壊的な内容に。これも中毒性のある動画だ。
 しかし、よくこんな組み合わせを思いつくな。

【探査機はやぶさ】 「イトカワをねらえ!」第二話【MMD】


「はやぶさ」の旅路を描く感動的な再現ドラマ。第1話は4分だったのに第2話は26分もある。最後の予告編があまりにもぴったりで驚いた。
 最終話がアップされるのは6月以降だろうか。見たらまた泣いちゃうんだろうな……。

 他にも、『うる星やつら』のOP・EDをミクで再現したやつとか、「ガミラスの下品な男」とかも、おっさんホイホイで面白かったし、「【霊夢】怒りの顔芸」も笑った。(しかし、霊夢ってこんな役ばっかりだね)

 個人的に注目しているのは、黒豹Pの「【初音ミク】君は人のために死ねるか」という手描き動画。大バカだけど、最高にかっこいい! アップされたのは4月5日だが、18日にはもうそれがMMDモデル化されていたのには驚いた。
 これから人気出そうだな、黒豹ミク。
  
タグ :MMD


Posted by 山本弘 at 16:36Comments(0)ニコニコ動画