2008年10月03日

「……に見える」という罠

 今日は気分を変えて、こんなページを紹介しよう。
 何の予備知識もなしに見ていただきたい。

北岡明佳の錯視のページ










 これは見た人間はおそらく全員、最初は「アニメーションだ」と思ったはずである。僕もそう思った。
 しかし、これは静止画なのだ。
 ウソだと思うなら、1匹の「蛇」だけじっと観察してみればいい。実は回転なんかしていないことが分かる。
 なぜこう見えるのかという原理の説明はあるのだが、不思議なのは、説明されてもなお、回転しているようにしか見えないということだ。

 こうした錯視・錯覚の例は日常生活でもある。
 たとえば月の大きさ。地平線近くにある月は、天頂近くにある月より大きく見える。誰が見てもそう見えるのだ。
 じゃあ、地平線近くの月は天頂の月よりも近くにあるのか……というと、そんなことはぜんぜんない。地球からの距離は変わらない。(厳密に言うと、天頂にある時の方が地球の半径分だけ接近するので、6000kmほど近い)

 よく超能力者を擁護する人が使うフレーズに、「私がこの目で見たから確かです」とか「トリックなんかありませんでした」というものがある。
 そういう人はトリックを100%見破れるとでも思っているのだろうか。僕もテレビでマジシャンの演技をよく見るが、1回見ただけではトリックが見破れないものがほとんどである。何度もビデオで見直して、ようやくタネが分かってくる。
 人間の目なんか信用してはいけない。目は実に簡単にあざむかれる。

 9.11陰謀論者のお得意の論法は、ツインタワーが倒壊する映像が「爆破解体に見える」というものである。「爆破解体に見えるから爆破解体だ」というのだ。
 しかし、実際の爆破解体では、建物の倒壊がはじまる直前に、建物全体に仕掛けられた爆薬がいっせいに爆発するのが見える。ツインタワーではそんなものは見えない。
 そもそも、ビルを爆破解体するには、ただ爆弾を置けばいいというものではない。確実に破壊するには、柱に穴を開けて爆薬を詰めこむ作業が必要だ。しかも大きなビルの場合、爆薬の総量は何百kgにもなる。大勢の人が出入りしているビルに、こっそり仕掛けるなんて不可能なのだ。
 だいたい、何でそんな手間をかけて爆破解体しなくちゃならんのか。旅客機を突っこませるだけで十分ではないか。
 つまり理屈からするとそんなことはありえないのだが、陰謀論者は「爆破解体に見える」という理由で固執し続ける。

 アポロ陰謀説もそうだ。
「本物の月面のように見えない」
「スタジオで撮影したように見える」
「飛行士をワイヤーで吊ってるように見える」
「スローモーションのように見える」
 見える、見える、見える……根拠はもっぱら素人の主観である。
 僕などは高校時代、アポロ15号で月面車が月面を走行する様を初めて見て、車輪が巻き上げる砂塵が正確な放物線を描いて落下すること(真空中でしかありえないことだ)に感動したものだが。
「影の向きがおかしい。光源がいくつもある証拠だ」
 などという者もいる。光源がいくつもあったら影もいくつもできるだろうが。だいたい、あんな広いスタジオだか砂漠だかを一様に照らさせる単一光源って何だ。そんなもんないぞ、太陽以外には。

(先回りして言っておくと、「じゃあこれはどう説明するんだ」という類の質問はお断りする。9.11陰謀説については奥菜秀次『陰謀論の罠』を、アポロ陰謀説については『人類の月面着陸はあったんだ論』をお読みいただきたい。あなたの疑問はすでに説明済みだから)

 今回の神舟7号疑惑も、構造は9.11陰謀説やアポロ陰謀説とまったく同じである。
「泡に見える」
「水中で撮影したように見える」
「吊っているように見える」
 根拠はこれだけである。
 すでに説明したように、旗の挙動を見る限り、水中で撮影したものでないことは明白である。松浦氏も指摘しているが、動画の最初の00:07あたりで、飛行士が旗を振った拍子に、旗がくるりと軸に巻きつく場面がある。水中ならこんな動きはありえない。旗の材質が何か分からないが、あんな薄くて面積の大きいものなら水の抵抗を受けるから、常に軸にひっぱられるようにしか動かないはずである。
 水中ではないのだから、泡もありえない。
 にももかわらず、依然として陰謀論者は「泡に見える」「水中で撮影したように見える」と言い続ける。
 間違いでも百万回言ったら正しくなるとでも思っているのか。

 もし「××に見えるから××だ」という論理が許されるなら、地平線近くの月は地球に近いことになる。北岡氏の「蛇の錯視」はアニメーションということになる。マジシャンはみんな魔法で物体を浮かしたりウサギを出していることになる。
 主観に頼って判断するのは危険だ。重視すべきは正しい知識と正しい論理なのである。

追記:
 さらに先回りして言っておくと、以下の類のコメントは禁止させていただく。投稿されても削除する

・前の2つのエントリですでに説明済みのことを「説明しろ」「コメントしろ」という要求。(説明済みのことに説明を要求するのはトンデモさんの特徴である)
・松浦氏のブログにある説明を読まずに書いたことが明白なコメント。
・「エキサイトしすぎ」「落ち着け」「ニコニコや2ちゃんねるに本気で腹を立てなくてもwww」などというコメント。あなたにとってはどうでもいい問題かもしれないが、僕ら科学を愛する者たちにとっては、疑似科学や陰謀論が広まるのは重大問題なのだ。
・問題の本質から目をそらし、「バカ」発言の是非にこだわるコメント。
・それでも「泡に見える」「水中撮影に見える」と主張する頑固なコメント。
・神舟問題とは関係ない中国への批判。どこかよそでやってくれ。
  


Posted by 山本弘 at 19:20Comments(15)サイエンス

2008年10月02日

続・「神舟7号の宇宙遊泳もなかったろう論」

 昨日の記事の続き。
 松浦晋也さんのブログで、捏造派に対する反論がまとめて掲載されている。

10月1日正午までに提出された疑問と回答
http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2008/10/101-c816.html


「宇宙飛行士の姿勢」「旗の動き」「ロケットの振動」といった疑問について、松浦晋也氏、ROCKY江藤氏、寺薗淳也氏ら、宇宙開発に詳しい人たちが詳細に解説している。
 唯一、謎なのは「泡」と称されているデブリ状物体の正体だが、これは特定するのは難しいだろう。船内で宇宙服に着いた水滴が凍ったものなのかもしれないし、食事をした時に出たクズとか、飛行士のフケとか(笑)、いろんな可能性が考えられる。船外活動を開始する前、船内では何時間もいろんな活動をやってきたのだから、宇宙服にゴミが何ひとつ付着していないと考える方が不自然だろう。
 たとえば、どこかに観光に行って撮影したビデオの中に、服から何か小さなものが剥がれ落ちた瞬間が写っていたとする。「あの落ちたものの正体は何でしょう?」と言われても困る。そんなもの特定不可能である。
 コメントの中で野尻抱介氏がムチの例を出して説明しているように、飛行士のちょっとした動きが大きな初速を生み出してしまうことはありうると思う。たとえばホコリやフケのような軽いものは、地球上では空気抵抗のためにすぐに減速してふわふわと漂うが、真空の宇宙では最初に打ち出された速度のまま一直線に飛び去ってしまう。
 ただひとつ確かなのは、「泡」ではないということだ。なぜなら、旗の動きから見て明らかに水中での撮影ではありえないからだ。水中ではないのだから、泡ではありえない。
 いまだに「泡」説にしがみついている人間は、そんな単純なことさえ理解できていない。あるいは慣性の法則や空気抵抗という概念が理解できないので、あの旗の挙動が無重力の真空中の動きであることが理解できないのか。

 松浦氏のブログのコメントでは、北上という人物がしつこくつきまとって異議を唱え続けている。松浦氏が可能なかぎり誠実に答えてるのに「逃げすぎ」って何だ。分からないことについていいかげんな回答を書いたら、それこそ誠実じゃないだろう。
 アポロ疑惑や9.11疑惑の時もそうだったけど、こういうのって必ず、どんなに証拠を挙げようが論理的に説明しようが、絶対に納得しない人間がいるんだよねえ。僕はそういう人間を何人も見てきた。
 そういう人たちはおそらく、自分が珍説に騙されていたオバカさんだったことを認めたくないのだろう。そうじゃない。本当に賢い人間は、騙されていたことに気づいたら即座に意見を撤回するものだ。ちょっとプライドは傷つくだろうが、そんなのはすぐに癒える。むしろ間違った説にしがみ続けるほど、傷口は深くなる。

 いちばん笑ったのは、「真幸」という人のこんな発言である。

>本当の宇宙を知らない馬鹿と言う松浦さんは宇宙に行ったことがあるんですか?

 だったらお前は宇宙に行ったことがあるのか!?(笑) この理屈だと、中国に行ってない人間は中国について発言できないし、プールで水中撮影したしたことのない人間が「水中撮影だ」と主張することもできないってことになっちゃうんだが。

>説明責任があると言うのならば、何故少数のニコニコ動画の閲覧者をあげつらってまるで馬鹿が大多数存在するかのような発言をなさるのですか?

「大多数」かどうかは分からないが、げんにそういう人間が多くいることは、松浦氏のブログのコメントで証明されているのだが。
 ちなみに、元の動画の再生数はすでに9万回以上、神舟7号関連の動画全体では15万回を超えていて、決して「少数」とは言えないと思う。
(ちなみにup主は「想像以上の多くのデータを収集する事が出来、管理人様には大変感謝しております。皆様のお陰でうp主の当初の目的はほぼ達成する事が出来ました」などと、釣りだったかのように読めることを書いている。本当に最初から釣りだったなら、捏造発言をしていた連中はいい面の皮だ)

 前回のエントリーに寄せられたコメントについても、コメントしておこう。
 多いのは、「プロが素人を『バカ』と罵るのはけしからん」(大意)という意見である。
 しかし、「宇宙で星が写らないのはおかしい」とか「光源どこだよ」などという、ものすごく初歩的な恥ずかしい間違いを、大勢の人の目に触れるところに堂々と書きこみ、それを根拠に他人を非難したり、プロに食ってかかったりする人間を、いったい何と呼べばいいのだ?
 もうひとつ、プロが素人を「バカ」と呼んではいかんというなら、素人がプロ(中国の宇宙開発関係者)を「捏造だ」と罵るのは許されるのか?
「バカ」というのは単なる悪口である。しかも、この場合は正しい指摘である(笑)。しかし、捏造ではないものを「捏造だ」と言うのは、明白な誹謗中傷である。
 たとえば、オリンピックで優勝した選手に、根拠もなしに「八百長だ」とか「ドーピングしたに違いない」という言葉を浴びせたらどうなるか。日本人同士なら、名誉毀損で訴訟沙汰になってもおかしくない。
 まさか「中国人に対しては何を言ってもいい(たとえ事実に反することであっても)」なんて思ってるんじゃないよね?

 誤解を受けないように言っておく。僕は中国という国が嫌いである。個々の中国人には無辜の人や善人も多いと思うが、中国政府や社会体制には絶望している。
 同時に、日本という国を誇りに思っている。世界の平均から見ると、犯罪が少なく、識字率が高く、平均寿命が長く、紛争もなく、食糧はたっぷりあり、ストリートチルドレンもいない、実に優秀な国である。

 だからこそ、日本の評判を落とす愚かな日本人たちに腹が立つ。

 今度の「神舟疑惑」、捏造派は自分では愛国者のつもりで、中国を罵って楽しんでいるのだろう。だが実は、「日本人には科学知識も観察力もない奴がこんなにも多い」ということを世界にアピールしているのだ。
 こんな説がさらに広まったら、日本の恥だ。嫌日中国人にとって、日本叩きの格好のターゲットだろう。自分たちの発言が利敵行為であることに、捏造派は気がついていない。
 そんなこともひっくるめて、僕は彼らを「バカ」と呼ぶのである。
  


Posted by 山本弘 at 14:26Comments(8)サイエンス

2008年10月01日

今度は「神舟7号の宇宙遊泳もなかったろう論」

 アポロ陰謀論が最近下火になってきたかと思ったら、今度は神舟7号の船外活動の映像がでっち上げだと主張する連中がうじゃうじゃ湧いて出ている。

中国の「神舟7号」の船外活動の映像の中に・・・泡が?

 この映像の1:05秒のところで右の飛行士のヘルメットから、1:38のところでハッチから、泡が出ているのが見える。これは水中で撮影した映像だ……というのである。

 いやいやちょっと待てお前ら、最初の方の旗振ってるところちゃんと見ろよ。この旗、何の抵抗もなしにぶらぶら揺れてるぞ。
 水中で旗振って、こんな動きになるか? それこそ水の抵抗がないとおかしいだろ?
「泡」と言われているものも、泡にしては速すぎるし、斜めに直進してる。正体は分からないけど、何かの拍子で船体から剥がれたデブリじゃないかしらん。
 だいたいアポロ疑惑にしてもそうだけど、捏造の証拠が映ってたらNGにするだろ、普通は?

 まあ、中国はオリンピックでああいうことをやった前科があるから疑われるのもしかたないけど、コメントしてる連中のレベルが低すぎ。 中国人のバカさを嘲笑ってるつもりかもしれんけど、逆に自分たちの科学知識の無さをさらけ出されてるんだよねー。

(注意:引用したコメントの中には、すでに消えているものもある)

00:21「旗のうごきが無重力と思えないうごきしてるwww」

 無重力の旗の動きって、見たことあるのお前?
 つーか、明らかに柔らかい素材だし、ピアノ線で吊ってる様子もないのに「上」に向かって立ってるのは、無重力としか思えないんだが。

00:22「注目:これからこの飛行士はスラスターや腕の力ではなく足によって体の位置を入れ替えます」

 いやいやいや、明らかに左手でつかまって、腕の力で全身を動かしてますが?

00:33「なんで体が自然落下してんの?」

 してません。

00:38「注目:太陽に向く気がないソーラーパネル」

 ソーラーパネルが太陽の位置に合わせて可動すると思ってんのか。

00:42「地球の大きさ変わりすぎ。どんな軌道だよ…」

 ぜんぜん変わってません。

01:03「今旗下に落下しなかったか?w」

 してません。

01:00「どっから光あててるんだよ…」
01:48「光源どこだよw太陽の反対ならもっと暗いだろw」

 画面の上にでっかく写ってる地球が見えんのか? (笑)
 ちょっと計算してみた。この宇宙遊泳は高度343kmの円軌道で行なわれたという。この高度での地球の視直径は143度。月の視直径が約0.5度だから、見かけの大きさは満月の約290倍。見かけの面積は8万倍以上。おまけに地球のアルベド(反射能)は月の4倍以上あるから……まあとにかく、めちゃくちゃ明るいわけである。
 太陽はというと、この画面の「下」、宇宙船の裏側にある。つまりこの映像は宇宙船の影の部分であり、太陽は当たっていない。すべて地球光に照らされているのだ。太陽が点光源に近いのに対し、地球は視野の大半を占めるほど広い面光源だから、コントラストが明瞭ではないわけである。
「宇宙で撮った映像ならコントラストがはっきりしているはず」と思うのは、天文学の知識のない奴だ。

01:37「もっと真空なら浮かぶはずだろ」

 意味不明。

02:17「胸のストラップが水の抵抗を受けた動きしてるw」

 いやいや、これどう見たってホースとかにぶつかって動いてるだろ?

02:21「っていうか、地球が動かなすぎるwwww」
02:31「地球が全く自転してない件について(神船は静止衛星ではない)」

 画面下のスライダ、左右に動かして早送りしてみろよ。ちゃんと回転してるのが分かるから。

00:17「星は…いずこに…?」
00:26「星は?」
00:37「何で星が一つもないんだろうね^^」
01:07「つーか何で背景真っ黒なんだ?」
01:17「他の星って全然映らないものなのか?」
01:45「星って、うつってないね」
02:00「マジで星どこよ?」
02:43「というか…宇宙空間に星が見えないのはなぜだ」

 ああ、やっぱりそこから説明しなきゃいかんのか?(笑)

 あのね、小学生のきみたちに、おじさんがわかりやすく教えてあげるよ。
 晴れた夜にビデオカメラを持って外に出て、空を写してごらん。夜空はどんな風に写る?
 そう、真っ暗だね。
 星はすごく暗いものなんだよ。金星みたいにマイナス何等級という明るい星でないと、普通のカメラにはなかなか写らないの。星空を撮影しようとしたら、高感度のビデオカメラでないとだめなの。
 あと、カメラには「適正露出」というものがあってね、被写体がはっきり見えるように、カメラに入る光の量を調節しなくちゃいけないの。光の量が少なすぎると真っ暗になるし、多すぎると真っ白になっちゃうの。
 この映像の場合、宇宙飛行士の姿をはっきり見せたいわけだから、露出は飛行士に合わせてあるわけだね。ということは、星は暗すぎて写らない。もし星が見えるほど光の量が多かったら、宇宙飛行士もバックの地球も真っ白になっちゃうね。
 そもそもどうしてみんな、「宇宙では星が写るはず」と思ってるのかな?
 それはSF映画やSFアニメを見て、宇宙のシーンで星が写ってるのが当たり前だから、そう思いこんでるんじゃないのかな?
 でもね、あれはフィクション、ウソなんだよ。
 現実とフィクションの区別はつけなきゃいけないね。本当は、地球みたいな明るい光源が視野の中にあると、星なんか見えないの。
 ウソだと思ったら、スペースシャトルとか国際宇宙ステーションとかの船外映像を見てごらん。どれも星なんか写ってないから。
 それとも、あれもみんな「ねつぞう」だって言うのかな?


(普通の口調に戻す)
 それにしてもあきれた。
 まあ「泡」については確かにそう見えないでもないんだが、「地球が自転していない」などと、明らかに写っているものが見えていなかったり、「地球の大きさが変わってる」とか「旗が落下してる」とか、存在しないものまで見えてしまうのは、どういうことなのか。もはや「観察力の欠如」では済まされない。
「捏造だ」と信じて見る人間には、無いものまで見えてしまうのか。

 宇宙遊泳だけじゃなく、打ち上げまで捏造だという説もある。

あの有人宇宙船「神舟7号」の打ち上げシーンをうpしてみた Part.1

 まあ確かに、1:04からのカットがかなりミニチュアっぽく見えるのは否めないんだけど(笑)、でも炎の出方はリアルだよね。
 だいたい、現代の技術で捏造しようとしたら、それこそミニチュアじゃなくCG使うだろ。これまでさんざんロケット打ち上げてるんだから、その映像を流用したっていいんだし。

 船外カメラが揺れてないのが変だと言ってる連中が多いんだけど、打ち上げ時に画面が揺れてない映像は他にもある。

 これは民間のロケットの打ち上げ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm766916

 こっちは内之浦から打ち上げられたJAXA/ISASのM-V-6号機の実写映像。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm924038

 神舟7号の場合と同じく、カメラがまったく揺れていないのが分かる。「カメラが揺れるはず」というのは、やはり無知な人間の思いこみにすぎない。

 こんなことを言っている連中もいる。

http://s03.megalodon.jp/2008-0930-0624-03/alsoku.blog47.fc2.com/blog-entry-257.html

>背景の地球が自転してないwwwwwww

 だからスライダー動かしてみろってば。

>なんで真空の宇宙で旗がはためくの?

 手で持ってからに決まってるじゃん!
 あんたは真空中なら旗を手で持って動かしてもはためかないと思ってんのか?

>旗がはためくのは太陽風とかあって宇宙でもはためくことはある
>アメリカの時のとかも太陽風だとか説明されてる

 ねーよ!(笑) 太陽風がそんなに強いわけねーだろ。「風」ったって、真空と大差ないよ。
 思いつきで聞きかじりの科学用語使うな。

>まぁアポロも実際には月に行ってないんだし、
>メンツのためなんだろ

 やっぱりいたーっ、アポロ陰謀論者!(笑)

>明暗のコントラストが弱すぎる。
>製作者はキューブリックの2001を
>10万回見直して来い。

 お前こそ、国際宇宙ステーションとかスペースシャトルの実写映像を10万回見直して来い。
『2001年』のディスカバリー号のコントラストがはっきりしてるのは、地球から遠く離れていて光源が太陽しかないからで、地球の近くだと地球光の照り返しがあるんだよ。

 まだまだ続くんだけど、正直、疲れたんで全部読む気力ない。

 こちらは松浦晋也さんのブログ。

 松浦晋也のL/D:このっ、バカ共が!

 松浦さんはまともなことを書いているのだが、コメントがひどすぎる。「バカ」とか「太平洋戦争」という単語に脊髄反射で反応してるとしか思えない。
 ニコニコ動画のコメントについては、「みんなネタで書いてるんじゃないか」という意見もあったが、こうして見るとやはり真剣に信じてる奴が多いようだ。松浦さんが腹を立てるのも無理はない。

 あのね、小学生のきみたち、松浦さんという人は、宇宙開発についての本を何冊も書いている、いわばプロなんだよ。
 宇宙開発の知識については、きみたちの何百倍もくわしいんだよ。
 そんな人に向かって、何をえらそうに文句言ってんの?
 ド素人の自分の方が松浦さんよりかしこいと思ってる?
 悪いけど、「バカ」と言われてもしかたないね。


 この騒ぎが中国人に知られないことを祈る。知られたら、「日本人の科学レベル低すぎwwww」「だからいまだに有人宇宙船打ち上げられねーんだよ」とか笑われるに決まってるから。
  


Posted by 山本弘 at 14:12Comments(35)サイエンス