2008年10月03日

「……に見える」という罠

 今日は気分を変えて、こんなページを紹介しよう。
 何の予備知識もなしに見ていただきたい。

北岡明佳の錯視のページ










 これは見た人間はおそらく全員、最初は「アニメーションだ」と思ったはずである。僕もそう思った。
 しかし、これは静止画なのだ。
 ウソだと思うなら、1匹の「蛇」だけじっと観察してみればいい。実は回転なんかしていないことが分かる。
 なぜこう見えるのかという原理の説明はあるのだが、不思議なのは、説明されてもなお、回転しているようにしか見えないということだ。

 こうした錯視・錯覚の例は日常生活でもある。
 たとえば月の大きさ。地平線近くにある月は、天頂近くにある月より大きく見える。誰が見てもそう見えるのだ。
 じゃあ、地平線近くの月は天頂の月よりも近くにあるのか……というと、そんなことはぜんぜんない。地球からの距離は変わらない。(厳密に言うと、天頂にある時の方が地球の半径分だけ接近するので、6000kmほど近い)

 よく超能力者を擁護する人が使うフレーズに、「私がこの目で見たから確かです」とか「トリックなんかありませんでした」というものがある。
 そういう人はトリックを100%見破れるとでも思っているのだろうか。僕もテレビでマジシャンの演技をよく見るが、1回見ただけではトリックが見破れないものがほとんどである。何度もビデオで見直して、ようやくタネが分かってくる。
 人間の目なんか信用してはいけない。目は実に簡単にあざむかれる。

 9.11陰謀論者のお得意の論法は、ツインタワーが倒壊する映像が「爆破解体に見える」というものである。「爆破解体に見えるから爆破解体だ」というのだ。
 しかし、実際の爆破解体では、建物の倒壊がはじまる直前に、建物全体に仕掛けられた爆薬がいっせいに爆発するのが見える。ツインタワーではそんなものは見えない。
 そもそも、ビルを爆破解体するには、ただ爆弾を置けばいいというものではない。確実に破壊するには、柱に穴を開けて爆薬を詰めこむ作業が必要だ。しかも大きなビルの場合、爆薬の総量は何百kgにもなる。大勢の人が出入りしているビルに、こっそり仕掛けるなんて不可能なのだ。
 だいたい、何でそんな手間をかけて爆破解体しなくちゃならんのか。旅客機を突っこませるだけで十分ではないか。
 つまり理屈からするとそんなことはありえないのだが、陰謀論者は「爆破解体に見える」という理由で固執し続ける。

 アポロ陰謀説もそうだ。
「本物の月面のように見えない」
「スタジオで撮影したように見える」
「飛行士をワイヤーで吊ってるように見える」
「スローモーションのように見える」
 見える、見える、見える……根拠はもっぱら素人の主観である。
 僕などは高校時代、アポロ15号で月面車が月面を走行する様を初めて見て、車輪が巻き上げる砂塵が正確な放物線を描いて落下すること(真空中でしかありえないことだ)に感動したものだが。
「影の向きがおかしい。光源がいくつもある証拠だ」
 などという者もいる。光源がいくつもあったら影もいくつもできるだろうが。だいたい、あんな広いスタジオだか砂漠だかを一様に照らさせる単一光源って何だ。そんなもんないぞ、太陽以外には。

(先回りして言っておくと、「じゃあこれはどう説明するんだ」という類の質問はお断りする。9.11陰謀説については奥菜秀次『陰謀論の罠』を、アポロ陰謀説については『人類の月面着陸はあったんだ論』をお読みいただきたい。あなたの疑問はすでに説明済みだから)

 今回の神舟7号疑惑も、構造は9.11陰謀説やアポロ陰謀説とまったく同じである。
「泡に見える」
「水中で撮影したように見える」
「吊っているように見える」
 根拠はこれだけである。
 すでに説明したように、旗の挙動を見る限り、水中で撮影したものでないことは明白である。松浦氏も指摘しているが、動画の最初の00:07あたりで、飛行士が旗を振った拍子に、旗がくるりと軸に巻きつく場面がある。水中ならこんな動きはありえない。旗の材質が何か分からないが、あんな薄くて面積の大きいものなら水の抵抗を受けるから、常に軸にひっぱられるようにしか動かないはずである。
 水中ではないのだから、泡もありえない。
 にももかわらず、依然として陰謀論者は「泡に見える」「水中で撮影したように見える」と言い続ける。
 間違いでも百万回言ったら正しくなるとでも思っているのか。

 もし「××に見えるから××だ」という論理が許されるなら、地平線近くの月は地球に近いことになる。北岡氏の「蛇の錯視」はアニメーションということになる。マジシャンはみんな魔法で物体を浮かしたりウサギを出していることになる。
 主観に頼って判断するのは危険だ。重視すべきは正しい知識と正しい論理なのである。

追記:
 さらに先回りして言っておくと、以下の類のコメントは禁止させていただく。投稿されても削除する

・前の2つのエントリですでに説明済みのことを「説明しろ」「コメントしろ」という要求。(説明済みのことに説明を要求するのはトンデモさんの特徴である)
・松浦氏のブログにある説明を読まずに書いたことが明白なコメント。
・「エキサイトしすぎ」「落ち着け」「ニコニコや2ちゃんねるに本気で腹を立てなくてもwww」などというコメント。あなたにとってはどうでもいい問題かもしれないが、僕ら科学を愛する者たちにとっては、疑似科学や陰謀論が広まるのは重大問題なのだ。
・問題の本質から目をそらし、「バカ」発言の是非にこだわるコメント。
・それでも「泡に見える」「水中撮影に見える」と主張する頑固なコメント。
・神舟問題とは関係ない中国への批判。どこかよそでやってくれ。
  


Posted by 山本弘 at 19:20Comments(15)サイエンス