2017年03月06日

中学生の6割は「月は西からのぼる」と信じている。(3)

 他にもいくつか、ニセ科学関係の質問をした。

15. タバコをたくさん吸う人は肺がんになりやすい。
(回答者数387人)
信じている   301人(77.8%)
やや信じている43人(11.1%)
知らない・わからない 28人(7.2%)
やや疑っている8人(2.1%)
信じない   7人(1.8%)

 これ、実は武田邦彦教授(医学は専門ではない)が唱えるニセ科学「タバコ無害論」に関する質問である。NATROMさん(本物の内科医である)がきちんと反論しているので参照されたい。

「喫煙率が下がると肺がん死が増える」のはなぜか?
http://blogos.com/article/34288/

 こちらは村上義孝氏(保健学博士)による解説。

グラフによれば、たばこは無害?
http://www.asahi.com/articles/SDI201512104752.html
「たばこは有害」示したコホート研究
http://www.asahi.com/articles/SDI201512246051.html

 こんな珍説を信じたら、若い頃からタバコを吸いまくって、肺がんで死ぬ確率を増やしてしまうかもしれない。そう警戒してアンケートの中に入れたのだが、幸い、ほとんど浸透していないようなので、ほっとした。
「やや疑っている」「信じない」15人の子供については、きちんと指導する必要があるだろうが。


17. 血液型でその人の性格がわかる。
(回答者数387人)
信じている  107人(27.6%)
やや信じている83人(21.4%)
知らない・わからない 52人(13.4%)
やや疑っている49人(12.7%)
信じない    96人(24.8%)

 日本におけるニセ科学の定番、血液型性格判断。心理学者の研究によって否定されていることはかなり知られてきたはずなんだけど、それでも根強い人気があることが分かる。

19. 超能力は存在する。
(回答者数388人)
信じている  108人(27.8%)
やや信じている75人(19.3%)
知らない・わからない 74人(19.0%)
やや疑っている51人(13.1%)
信じない    80人(20.6%)

「超能力は存在する」というのは、ちょっと曖昧な質問である。というのも、世の中には、エコロケーションのように視覚に頼らずに周囲のものを知覚する能力を「超能力」と言ってしまう人や、ブレイン・マシン・インターフェースのことを「念力」と呼んでしまう人もいるからである。さすがに科学的に根拠のあることを「超能力」と呼ぶのは、拡大解釈のしすぎだと思う。厳密なアンケートにするには、「超能力」の定義を明らかにする必要があるだろう。
 そこで、一般に「超能力」と見なされているいくつかの事例についても質問した。

18. 人間の体から出ている「オーラ」を見ることのできる人がいる。
(回答者数386人)
信じている  79人(20.5%)
やや信じている55人(14.2%)
知らない・わからない 93人(24.1%)
やや疑っている54人(14.0%)
信じない  105人(27.2%)

11. 地震が起きることをふしぎな力で予知できる人がいる。
(回答者数386人)
信じている   78人(20.2%)
やや信じている58人(15.0%)
知らない・わからない 87人(25.5)
やや疑っている52人(13.5%)
信じない  111人(28.8%)

22. 超能力者は行方不明の人を見つけるのに役立っている。
(回答者数385人)
信じている  103人(26.8%)
やや信じている50人(13.0%)
知らない・わからない 108人(28.1%)
やや疑っている40人(10.4%)
信じない   84人(20.8%)

「オーラ」と「地震予知」のパーセンテージはほぼ同じ。超能力者による行方不明者探しは、それらより信じられている率がやや高いようだ。『TVのチカラ』も『FBI超能力捜査官』も、もう放送終了して何年にもなるのだが、まだ断続的に放送されているその手の類似番組の影響だろうか。

 さらにこんな質問も。

26. ピラミッドは宇宙人が作った。
(回答者数384人)
信じている   39人(10.2%)
やや信じている19人(4.9%)
知らない・わからない 100人(26.0%)
やや疑っている46人(12.0%)
信じない   180人(46.9%)

 1970年代に流行った話だが、今ではあまり信じられていないようである。

27. 太平洋には「ムー大陸」が存在した。
(回答者数386人)
信じている  62人(16.1%)
やや信じている24人(6.2%)
知らない・わからない 219人(56.7%)
やや疑っている30人(7.7%)
信じない    51人(13.2%)

「ムー大陸」の「知らない・わからない」の数字の大きさは異常である。すべての質問項目の中で最高値なのだ。最近の子供は聞いたことがないのかな……と思ったが、そうでもないようだ。

28. バミューダ海域では船や飛行機が消滅することがよくある。
(回答者数387人)
信じている  106人(27.4%)
やや信じている35人(9.0%)
知らない・わからない 179人(46.3%)
やや疑っている23人(5.9%)
信じない   44人(11.4%)

 バミューダ・トライアングルを信じてる子供がけっこう多い! これは意外だった。てっきり時代遅れのネタだと思っていたのだが。

 こういう調査、できればもっと詳しいデータが欲しい。中学生だけでなく、ぜひ高校生、大学生、社会人についてもやってほしいと願っている。
 いくつかの項目については、大人でも中学生と大差ない結果が出るのではないか予想している。

 参考資料。
 2010年、長崎大学で行われた科学リテラシー実態調査。
http://tech.edu.nagasaki-u.ac.jp/muto/ps_questionnaires.html
  

Posted by 山本弘 at 18:28Comments(17)サイエンスオカルト

2017年03月06日

中学生の6割は「月は西からのぼる」と信じている。(2)

7. 彗星は夜空を一瞬だけ流れて消える。
(回答者数 384人)
信じている   97人(25.3%)
やや信じている 51人(13.2%)
知らない・わからない153人(39.8%)
やや疑っている 26人(6.8%)
信じない    57人(14.8%)

 僕がこの質問を思いついたきっかけは、前に『トンデモ本の世界T』で紹介した妻のエピソードである。

> 僕の妻がまだ勤めていた時のこと。百武彗星がやって来たのだが、妻がそれを職場で話題にして、「今度の彗星って、ひと晩じゅう見えてるんやて」と言うと、その場にいた同僚たちが全員、「えっ、彗星って一瞬だけ流れるもんとちゃうの?」と驚いたという。みんな、彗星と流星の区別がついていなかったのだ。

 大人でも彗星と流星の区別のつかない人が多い。だったら中学生なら……と思ったら案の定で、1/3以上が「彗星は夜空を一瞬だけ流れて消える」と信じていた。それに対し、「やや疑っている」「信じない」子供の少ないこと!

8. 人工衛星が落ちてこないのは高すぎて地球の引力が届かないから。
(回答者数388人)
信じている   98人(25.3%)
やや信じている 53人(13.7%)
知らない・わからない157人(40.1%)
やや疑っている 28人(7.2%)
信じない    52人(13.4%)

 7とほとんど同じ結果になった。
 この質問は僕の高校時代(1973~74年ごろ)のエピソードがヒント。当時、アポロ計画が終了し、スカイラブ計画がスタートしていた。アポロを打ち上げたサターンⅤ型ロケットを改造した宇宙ステーション「スカイラブ」が打ち上げられていて、その内部の模様──無重力状態でふわふわ浮かんでいる宇宙飛行士の姿が、よくテレビで紹介されていた。
 その頃、工業高校の物理の時間に、教師がこう言ったのである。
「宇宙に行くと無重力になるやろ? あれは地球の引力が届かへんほど遠くまで行ったからや」
 僕はびっくりした。教師、それも物理の教師がこんなデタラメなことを言うなんて!
 でも、さすがに授業中に立ち上がって教師に抗議をするほどの度胸はなかった。そこで授業が終わるとすぐ教室を飛び出し、廊下を歩いていた教師をつかまえて、「自由落下」というものについて教えてやった。
 そもそも学校で使われている物理の教科書には、「引力は無限遠まで届く」とはっきり書いてある。「引力は距離の2乗に反比例して減少する」とも。
 地球の中心から地表までの距離は6378km。つまり地表から高度6378kmまで上昇すれば、地球の中心からの距離は2倍になり、引力は1/4になる。
 しかし、スカイラブが回っている高度は約440km。つまり地球の中心からの距離の1.1倍もない。その地点での引力の強さは、地表の引力とほとんど変わらないのである。
「引力は無限遠まで届く」「引力は距離の2乗に反比例して減少する」──こんなことは教師も当然、知っていたはずだ。だが、その知識を現実の人工衛星や宇宙ステーションにあてはめて考えることができなかったのだ。
 理科の知識は「知っている」だけではだめなのだ。その意味を理解していないと。

9. 恐竜が地上で栄えていたころ、人類はまだ存在しなかった。
(回答者数388人)
信じている   193人(49.7%)
やや信じている 50人(12.9%)
知らない・わからない65人(16.8%)
やや疑っている 40人(10.3%)
信じない    36人(7.4%)

 この質問については、アンケートを配布した後で、「まずかった」と気がついた。最近の学説では、「鳥は恐竜の一種」という説が有力になってきているのだ。恐竜は滅びたのではなく、鳥として今でも生き残っていると。だからそこまで知っている子供なら、今でも恐竜が栄えていると解釈し、「信じない」と答えるかもしれない。
 もっとも、結果はご覧通り、「信じない」子は7.4%。何にしてもそんなに多くない数字だった。



12. 50年前に比べて、日本の少年犯罪は大幅に増えている。
(回答者数385人)
信じている  145人(37.7%)
やや信じている76人(19.7%)
知らない・わからない  125人(32.5%)
やや疑っている14人(3.6%)
信じない   25人(6.5%)

 さあ、これも問題だ。少年犯罪が大幅に増えていると信じている子供が6割近くもいる! 「やや疑っている」「信じない」子供は約1割。
 データを見れば一発で嘘だって分かるんだけど。

http://kogoroy.tripod.com/hanzai.html
http://kangaeru.s59.xrea.com/G-Satujin.htm

 もちろんこんなことは学校では教えないはずなのだが、子供たちはどこで信じこまされたのだろうか?
 やはり「最近の子供は荒れている」といった言説があまりにもまかり通っているので、自然に「昔の方が犯罪は少なかった」と錯覚するようになったのかもしれない。

 他にも『ニセ科学を10倍楽しむ本』で取り上げたニセ科学について、いくつか質問してみた。

10. 大きな地震が起きる前には「地震雲」が発生する。
(回答者数385人)
信じている   95人(24.6%)
やや信じている55人(14.3%)
知らない・わからない  145人(37.7%)
やや疑っている34人(8.8%)
信じない   56人(14.5%)

 信じている子供が多いのではないかと予想していたのだが、最も多かったのは「知らない・わからない」で、思ったほど多くはなかった。でも、やはり4割近い子が信じているのは、やや問題かもしれない。

13. マイナスイオンは健康にいい。
(回答者数387人)
信じている   126人(32.6%)
やや信じている55人(14.2%)
知らない・わからない 143人(37.0%)
やや疑っている33人(8.5%)
信じない   30人(7.6%)

 マイナスイオンブームなんてとっくに終わってるから、信じている子供は少ないかと思っていたのだが、なかなかどうして。まだかなり信じられている。

14. 水素水は健康にいい。
(回答者数387)
信じている   128人(33.1%)
やや信じている57人(14.7%)
知らない・わからない 101人(26.1%)
やや疑っている40人(10.3%)
信じない   61人(15.8%)

 マイナスイオンと水素水、あまり違わない結果だった。

16. ゲームをやりすぎると「ゲーム脳」になる。
(回答者数386人)
信じている  118人(30.6%)
やや信じている 66人(17.1%)
知らない・わからない 117人(30.3%)
やや疑っている31人(8.3%)
信じない   54人(14.0%)

 あれだけ批判を受けたのに、まだ子供たちにはニセ科学だということがあまり浸透していない印象である。今でも親が「ゲームをやりすぎるとゲーム脳になるよ」と脅しているのかもしれない。

25. 水に「ありがとう」と声をかけるときれいな結晶ができる。
(回答者数387人)
信じている    100人(25.8%)
やや信じている  29人(7.5%)
知らない・わからない 94人(24.3%)
やや疑っている  34人(8.8%)
信じない     134人(34.6%)

 これも驚きだった。『ニセ科学を10倍楽しむ本』でも書いたけど、2006年の時点で『水からの伝言』は激しい批判を受け、TOSSランドからもリンクはすべて削除された。今、日本の小中学校で『水からの伝言』を授業に使っているところはほとんどないはずなのである。(この箕面市の2つの中学でも使われていないという)
 それでもまだ約1/3の子供が信じている。
 考えてみれば、『水からの伝言』は世界75カ国で出版され、シリーズ累計250万部以上というベストセラーだ。まだ日本のあちこちに何万人もの信者がいて、こっそり広め続けているのかもしれない。
  
タグ :ニセ科学


Posted by 山本弘 at 18:17Comments(6)サイエンスオカルト

2017年03月06日

中学生の6割は「月は西からのぼる」と信じている。(1)

 先月、大阪府箕面市の第3中学と第4中学で、ニセ科学についての講演をしてきた。

 もともと「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」というイベントがあって、僕の書いた『ニセ科学を10倍楽しむ本』(筑摩書房)がヤングアダルト作品賞(中学生対象)部門でノミネートされていたのである。

https://www.city.minoh.lg.jp/library/katsudou/academy/academy2016.html

 僕の本は受賞しなかったんだけど、その代わり、受賞者やノミネートされた作家を招いて小学校や中学校で講演してもらうオーサービジットという制度があり、それに招かれて2つの中学で講演させていただいたわけである。
 僕はいいチャンスだと思った。この機会に、中学生の間にどれぐらいニセ科学が浸透しているか調査してみようと。
 そこで先生方や中央図書館のスタッフの方にご協力をいただき、こんなアンケートを配って、事前に子供たちに記入してもらった。


-------------------------
科学に関する意識調査
  年  組
 以下の質問に対し、「信じている」「やや信じている」「知らない・わからない」「やや疑っている」「信じない」の5つから、あなたにあてはまるものに〇をつけてください。
 これはテストではありませんので、名前を書く必要はありません。正解かどうかを気にせず、あなたの信じていることを素直に書いてください。「地震雲」「ゲーム脳」「水素水」「ムー大陸」といった言葉を知らない場合は、Cの「知らない・わからない」に〇をつけてください。わからなくても、答えを書きこむ前にインターネットなどで正解を調べないでください。
A信じている Bやや信じている C知らない・わからない Dやや疑っている E信じない

1. 地球は太陽の周囲を回っている。A B C D E
2. 太陽は東からのぼり、月は西からのぼる。A B C D E
3. 月の表面には呼吸できるような空気はない。A B C D E
4. 月の表面は無重力である。   A B C D E
5. かつてアメリカの宇宙飛行士が月面に立ったことがある。A B C D E
6. カーナビなどに使われているGPSは、月面でも使える。A B C D E
7. 彗星は夜空を一瞬だけ流れて消える。   A B C D E
8. 人工衛星が落ちてこないのは高すぎて地球の引力が届かないから。A B C D E
9. 恐竜が地上で栄えていたころ、人類はまだ存在しなかった。A B C D E
10. 大きな地震が起きる前には「地震雲」が発生する。A B C D E
11. 地震が起きることをふしぎな力で予知できる人がいる。A B C D E
12. 50年前に比べて、日本の少年犯罪は大幅に増えている。A B C D E
13. マイナスイオンは健康にいい。   A B C D E
14. 水素水は健康にいい。   A B C D E
15. タバコをたくさん吸う人は肺がんになりやすい。A B C D E
16. ゲームをやりすぎると「ゲーム脳」になる。A B C D E
17. 血液型でその人の性格がわかる。A B C D E
18. 人間の体から出ている「オーラ」を見ることのできる人がいる。A B C D E
19. 超能力は存在する。A B C D E
20. 幽霊は存在する。   A B C D E
21. 人は死ぬと生まれ変わる。A B C D E
22. 超能力者は行方不明の人を見つけるのに役立っている。A B C D E
23. UFOには宇宙人が乗っている。   A B C D E
24. 微生物の力で放射能を消すことができる。A B C D E
25. 水に「ありがとう」と声をかけるときれいな結晶ができる。A B C D E
26. ピラミッドは宇宙人が作った。A B C D E
27. 太平洋には「ムー大陸」が存在した。A B C D E
28. バミューダ海域では船や飛行機が消滅することがよくある。A B C D E
---------------------------------

 両校の校長先生に許可を得たので、その結果の一部を発表したい。なお、人数は2つの中学の回答者を合わせたものである。
 最初の方の問題は、ニセ科学そのものではなく、基本的な科学知識を問うものだった。中学生にはどれぐらいの科学知識があるのか、まず知っておこうと思ったのだ。
 いや、この結果には驚いた。


1.地球は太陽の周囲を回っている。
(回答者数 387人)
信じている   275人(71.1%) 
やや信じている 43人(11.1%)
知らない・わからない 37人(9.6%)
やや疑っている 8人(2.1%)
信じない    24人(6.2%)

 この質問はほぼ100%の子供が正解するはずだと信じていた。地球が太陽の周囲を回ってるなんて常識だからと。
 そうじゃなかった。地球が太陽の周囲を回っていることは信じない子供が24人、6.2%もいたのだ! 「やや疑っている子」が2.1%、「知らない・わからない」子が9.6%。逆に「信じている」「やや信じている」子供は合計で82.2%でしかない。

 だが、これはまだ序の口だった。


2. 太陽は東からのぼり、月は西からのぼる。
(回答者数 388人)
信じている   177人(45.6%)
やや信じている 55人(14.2%)
知らない・わからない 83人(21.4%)
やや疑っている 11人(28.4%)
信じない    62人(16.0%)

 なんと約6割の子供が「月は西からのぼる」と信じているのだ! 「知らない・わからない」子も21.4%。はっきり「信じない」と答えた子は16.0%でしかなかった。
 ふざけてわざと間違ったことを書いた子がいたのかなとも疑ったが、さすがにふざける子供が6割もいたというのは、逆に信じがたい。この後のアンケート結果を見ても、だいたい子供の科学知識はこれぐらいだろうという気がするのだ。

 それで思い出したのは、小学校では地動説を教えておらず、地動説を元にした回答すると×をつけられるという話。

小3「まだ習ってない地球の自転の事をテストに書いたらバツをつけられた」
https://togetter.com/li/1060728

 学習したことを書かなくてはいけない……というんだけど、おそらくこの生徒はすでに地球が自転していることで見かけ上、太陽が天球上を移動していることを知っているんだから、それは「よく知ってるね」と褒めなくちゃいけないんじゃない?
 他にも似た体験をした人が何人も。

>当方成人ですが小学生の頃に実際にこの画像とまったく同じ問題でまったく同じ理由で✕をつけられたことがあります。10数年の間に教育は進歩していなく、カリキュラムや教師の都合に捕われて本質を見誤っているのを改めて感じました。

>こんにちは。私も小学校2年か3年生の時に同じ答えで×をもらい、しかも担任に全員の前で「地球が回るからって書いた人がいるんだよ、ははは」みたいな感じで言われた記憶がたった今蘇りました。

>僕の親父が小学生のころ、塩酸をかけたときに二酸化炭素を発生するもので炭酸水素ナトリウムと答えバツを貰ったという話を思い出しました(-_-;)(模範解答は貝殻とか卵の殻

>私も過去に水の体積は変わるのか?という設問に(温度によって膨張するから)変わると回答したら、習っていなく圧力による変化はない為×にされました。
>これもそうですが、太陽が動くからという言葉が記憶に残ってしまうとのちに混乱を起こす引き金になりかねないですよね。

>僕は小1の頃小数点を習っていない
>という理由で
>線の長さを定規で測ってみよう
>というプリントの答えに
>「1,2cm」と書いたら×をで
>「1cmとちょっと」と書いた友人が
>○を貰っていたことを今も根にもっていますw

「掛け算順序問題」とかもそうだけど、学校の役目は子供に正しい知識を伝えることのはず。正しいことを書いた子供に×をつけるなんて本末転倒だ。


3. 月の表面には呼吸できるような空気はない。
(回答者数 385人)
信じている  178人(46.2%)
やや信じている51人(13.2%)
知らない・わからない  103人(26.8%)
やや疑っている24人(6.2%)
信じない   29人(7.5%)

 こっちは逆に正解者が6割。先の答えを見た後では、少しほっとする。ふざけている子供が6割もいたなら、この設問も正解率が低くなるはずではないか?
 それでも「信じない」子供が7.5%というのは、やや不安になる数字なんだけど。

4. 月の表面は無重力である。
(回答者数 386人)
信じている   147人(38.1%)
やや信じている 53人(13.7%)
知らない・わからない 76人(19.7%)
やや疑っている 21人(5.4%)
信じない   89人(23.1%)

 さあ、これも驚きだ! 月の表面が無重力だと「信じている」「やや信じている」子供が約半数もいる!
 宇宙飛行士が月面に立っている映像や、月面車で走り回っている動画を見たことないのだろうか。あるいは、地球の1/6の重力しかないことを「無重力」と呼ぶと勘違いしているとか?

「今の中学生はこんなことも知らないのか!?」と早とちりしないでいただきたい。僕がこの質問を思いついたのは、前にブログでこんなことを書いたからである。


「月をなめるな」
http://hirorin.otaden.jp/e31205.html

アポロ陰謀論とかいう以前に
http://hirorin.otaden.jp/e50099.html

 いい歳をした大人でも、月面が無重力だとか、空気があるとか、月と太陽が同じものだと思っている人がいる。だったら中学生でも「月面は無重力」と思っている子が多いんじゃないかとにらんだのだ。
 僕の予想通りだったが、それでもこんなに多いとは思わなかった。

5. かつてアメリカの宇宙飛行士が月面に立ったことがある。
(回答者数 386人)
信じている   249人(64.5%)
やや信じている 45人(11.7%)
知らない・わからない 62人(16.1%)
やや疑っている 17人(4.4%)
信じない    13人(3.4%)

 これはストレートにアポロ陰謀説についての質問。これも信じてる子が多いんじゃないかと予想したのだが、意外に少なくてほっとした。
 考えてみれば、前にアポロ陰謀説が流行ったのは2002~2003年ごろ。今の中学生には生まれる前の話なんで知らないのかもしれない。(つづく)

  
タグ :ニセ科学


Posted by 山本弘 at 18:00Comments(10)サイエンスオカルト

2017年03月06日

LiveWire:またしてもニセ科学を楽しもう!

山本弘のSF秘密基地LIVE#66
またしてもニセ科学を楽しもう!



『ニセ科学を10倍楽しむ本』(楽工社/ちくま文庫)出版からもう7年。ニセ科学はいっこうに衰退する様子はなく、また新たなニセ科学がいくつも台頭してきています
 今、どんなニセ科学が流行っているのか?
 どこがどう間違っているのか?
 そして、小中学校の理科を知っていれば見破れる程度のウソに、なぜ多くの人があっさり騙されてしまうのか?
 ニセ科学の現状に触れるとともに、それらから目を背けるんじゃなく、そのバカバカしさを笑って楽しんじゃおうという企画です。ニセ科学に毒される前のワクチンとして、ぜひ聞きに来てください。


[出演] 山本弘

[日時] 2017年3月24日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円  
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)

ご予約はこちらに
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=114140246
-------------------------------------------------

 こちらはいつものLiveWire。今回は久しぶりにニセ科学を取り上げます。
『ニセ科学を10倍楽しむ本』を書いた後も、いっこうにニセ科学は廃れません。それどころか、EM菌、ナノ銀除染、親学、誕生学などなど、政治や教育の世界にまではびこっているニセ科学もいろいろ。江戸しぐさのような「ニセ歴史」も台頭してきています。
 そういうものを「興味がない」「分からない」と無視するのはきわめて危険。でも、「論破するには深い専門知識が必要なんじゃない?」としりごみする必要もありません。ニセ科学・ニセ歴史の多くは、小中学校程度の知識があれば間違いと分かるもの、「そんなアホな!」と笑って楽しめるものばかりですから。
 むしろ、何でそんなものに騙される人がいるの? という点を問いたいと思います。また、中学生へのアンケート調査の結果を通じて、ニセ科学が若者たちの間にどれだけ浸透しているかも紹介します。
 小難しい理屈は抜き、笑って楽しめる企画です。気軽な気持ちでお越しください。
  
タグ :ニセ科学PR


2016年09月14日

小飼弾の論弾「SF作家 山本弘氏:疑似科学から懐かしのSFまで」

 先のシンポジウムと同じ9月26日の夜、ニコ生にも出演します。

----------------------------------------------
http://live.nicovideo.jp/watch/lv275020777

小飼弾の論弾 9/26 ゲスト対談:SF作家 山本弘氏:疑似科学から懐かしのSFまで

2016/09/26(月) 開場:19:57 開演:20:00

ブロガー・小飼弾が、プログラマー脳で今時のニュースを一刀両断する! プログラマー/書評家/ブロガーの小飼弾が帰ってきた

社会問題から科学、IT、書評まで、四方八方に語り散らかす120分
小飼弾のプログラマー脳で今時の社会問題を一刀両断、科学・ITの­理系ネタも満載です。

今回は、『MM9』や『アイの物語』などの作品で知られるSF作家 山本弘氏との対談です。
緻密な設定と魅力的なキャラクターが織りなす作品はどうやって生まれるのでしょう。
疑似科学ビジネス批判から、懐かしのSFまで、ディープな話題をお届けします。

【出演者】
○小飼 弾(コガイ ダン)
投資家、プログラマー、ブロガー。株式会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア、現在の­株式会社データホテル)の取締役最高技術責任者(CTO)を務め、同社の上場に貢献。­著書に『弾言』、『「中卒」でもわかる科学入門』、『未来予測を嗤え!』など。
○山路 達也(ヤマジ タツヤ)
編集者/ライター。著作は『アップル、グーグルが神になる日』(共著)、『Googl­eの72時間』(共著)、『弾言』(共著)など。
------------------------------------------------

 というものです。約2時間、ぶっ続けで話します。同日のシンポジウムの続きで、『アイの物語』などの話もしますし、ASIOSがらみの疑似科学批判の話もします。
 有料ですが、見ていただけるとありがたいです。

  


Posted by 山本弘 at 17:22Comments(0)サイエンスPR

2016年09月14日

公開シンポジウム 「こころの未来形」

 次はちょっとお堅い感じのイベントです。

-----------------------------------
http://www.ifeng.or.jp/iftech_web/miraisite/20160926.pdf

公開シンポジウム 「こころの未来形」
   ~21世紀における「共感」と「響存」の可能性~

○ 日時:2016年9月26日(月)午後1時~4時45分(受付開始12:30)
○ 会場:築地本願寺(2階講堂)
メトロ日比谷線築地駅から徒歩 1 分
○ 主催:日本未来学会
○ 共催:浄土真宗本願寺派総合研究所、他力本願.net「ご縁ラボ」
○ 協力:築地本願寺、コンセプト・バンク
○ 対象:日本未来学会会員および一般希望者(定員100名)
○ 参加費:一般参加1000円(未来学会会員は無料、別途年会費3000円)
○ 趣旨
 20世紀、人々は物質的豊かさを追い求めてきました。21世紀は「こころの時代」ともいわれます。しかし、そのあるべき姿はいまだ暗中模索状態です。
 本シンポジウムは、1968 年の発足以来、人類と社会の未来にかかわってきた日本未来学会が、人間と人工知能は理解しあえるか?、21 世紀における宗教の社会的役割、などの様々の観点から、「こころの未来形」を共に考え、明日へ向けて問題提起しようとするものです。

○ プログラム構成
■第Ⅰ部:21世紀における宗教の社会的役割(60 分)
・稲場圭信(大阪大学教授)「21世紀の共生学とは」(仮題)
・丘山願海(浄土真宗本願寺派総合研究所所長)「響存という生き方」(仮題)
■第Ⅱ部:人間と人工知能は理解しあえるか?(60 分)
・高橋透(早稲田大学文化構想学部教授、「サイボーグ論」)
・山本弘(SF作家、「アイの物語」他)
■第Ⅲ部:パネル討論~21世紀における「共感」と「響存」の可能性(90 分)
上記講演者に加え、以下の指定シンポジストが登壇します。
・市原えつこ(メディアアーティスト、「デジタルシャーマン・プロジェクト」)
・佐野ハナ(一般社団法人お寺の未来)
(総合司会)和田雄志(日本未来学会常任理事)
-----------------------------------

 真面目そうなイベントですが、僕はSF作家の立場から、過去のSF作品に描かれてきたロボットや人工知能についての話や、自作の『アイの物語』『地球移動作戦』などについて語る予定です。一般の方が聞いても面白い内容にしようと思っています。
 日本未来学会会員だけでなく、申し込みすれば一般の方も参加できるそうです。参加ご希望の方は、リンク先にある問い合わせ先にメールをお願いします。
  


Posted by 山本弘 at 14:23Comments(4)サイエンスPR

2016年04月15日

イベント:人工知能は人類を滅ぼす!? 今、本気で語る「AI(アイ)の物語」

山本弘のSF秘密基地LIVE#57
人工知能は人類を滅ぼす!? 今、本気で語る「AI(アイ)の物語」

 人工知能が将棋の名人を負かした。人工知能が小説を書いた。人工知能がヒトラーを礼賛した……
 このところ頻繁にAI(人工知能)をめぐるニュースが飛びこんできます。シンギュラリティ(技術的特異点)──進化を続けるコンピュータの能力が人間を上回る日の到来も、さほど遠くないとされています。そうした話題はもはやSFではなく、科学者の間でも真剣に検討されています。
 シンギュラリティが来たら世界はどうなるのか? 
 自我に目覚めたAIが邪悪な存在になることはないのか?
 AIの知性とはどういうものなのだろうか?
 そもそも人間には知性があると言えるのか?
 最新科学の成果と、古今東西のSF作家が描いてきたAIについての物語を参考に、もうすぐそこにある未来について考えてみようと思います。

[出演] 山本弘

[日時] 2016年4月22日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F)(地図)南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円  
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)

 予約はこちらから。
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=100662798
-----------------------------

 すみません。昨日まで入院していたもので、イベントの告知が遅くなってしまいました。
 最近、人工知能の話題、特にシンギュラリティを扱ったノンフィクション本が何冊も出ていて、もうこういう話題はSFじゃなく現実になってきてるんだなと、しみじみ感じます。たぶん2040年代あたり、まだ僕らが生きているうちに来そうなんですよね、シンギュラリティ。楽しみなような怖いような。
 でも、専門的な話題は科学者の方におまかせして、SF作家である僕は、おもにSFの中で描かれてきたロボットや人工知能の進化について語りたいと思ってます。SF作家が描いてきた様々な人工知能の物語を読むことで、来るべきシンギュラリティで何が起きるかを予想する、その手助けになるんじゃないかと思っています。
 たえば先日、人工知能が書いた小説のニュースがメディアを賑わせましたが、あの時、ツイッターでは野﨑まど『小説家の作り方』(メディアワークス文庫)に言及している人が何人もいました。いやあ、あれは衝撃的な作品でしたね。SFだなんてぜんぜん知らずに読みはじめたら、まさかあんな話だとは。

 また、マイクロソフトが開発していたAIが差別発言を連発し、ヒトラーを礼賛したというニュースでは、僕と同様、星新一「ボッコちゃん」を連想した人が多かったようです。
 他にも、古くはジョン・W・キャンベル「最終進化」(1932)、イアンド・ビンダー「ロボット市民」(1939)、マレイ・ラインスター「ジョーという名のロジック」(1946)、ジャック・ウィリアムスン『ヒューマノイド』(1948)、フレドリック・ブラウン「回答」(1954)、エドマンド・クーパー『アンドロイド』(1958)、星新一『声の網』(1970)などを経て、最新の作品まで、いろんなパターンを紹介しつつ、論じていこうと思っています。もちろん僕の作品『神は沈黙せず』『アイの物語』『去年はいい年になるだろう』『地球移動作戦』「時分割の地獄」などの裏話もたっぷりします。お楽しみに。
  
タグ :PRSFAI


Posted by 山本弘 at 22:38Comments(16)サイエンスPR

2015年04月08日

ニセ科学関連のイベント2件

『14歳からのリスク学』および文庫版『ニセ科学を10倍楽しむ本』の発売にちなんで、今月と6月、ニセ科学関係のトークと講演のイベントをやります。
 いずれも、公式の告知から文面をコピーさせてもらってます。

----------------------------------------
山本弘のSF秘密基地LIVE#45
ご注意!あなたの隣のニセ科学
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=88474088

 新著『14歳からのリスク学』(楽工社)および『ニセ科学を10倍楽しむ本』文庫版(ちくま文庫)出版にちなんで、今月の「山本弘のSF秘密基地LIVE」はニセ科学の特集です。
『水からの伝言』、『ゲーム脳の恐怖』、『買ってはいけない』、血液型性格判断、地震雲、アポロ捏造説、911陰謀説、反相対論、永久機関など、すでにおなじみのニセ科学に加え、福島第一原発事故以後に台頭してきた放射能をめぐる様々なニセ科学や、最近のニセ科学のトレンドを紹介。それらを傾向別に分類・分析し、なぜ非科学な話が人気を集めるのか、人がニセ科学に惹かれる心理を考えます。
 あなたもすでにニセ科学に騙されているかも?

[出演] 山本弘

[日時] 2015年4月24日(金) 開場・19:00 開始・19:30

[会場] なんば紅鶴
(大阪市中央区千日前2-3-9 レジャービル味園2F / Tel. 06-6643-5159)
南海なんば駅より南海通り東へ180m・駐車場有

[料金] 1500円
(店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください)
---------------------------------

 毎月のLiveWire、今回はニセ科学特集です。
 ここには書いてありませんが、大阪大学の菊池誠先生にゲストで来ていただけることになりました。濃いトークを繰り広げることになると思います。

-------------------------------

■□■市民社会フォーラム第147回学習会■□■
      山本弘さん講演会
ニセ科学を10倍楽しむ
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=29443

日 時 6月7日(日)14:00~17:00(開場13:30)
会 場 シアターセブン BOXⅠ
    http://www.theater-seven.com/access.html
参加費 1000円

 新著『14歳からのリスク学』(楽工社)と文庫版『ニセ科学を10倍楽しむ本』(ちくま書房)を著した山本弘さんに、科学リテラシーとリスク論についてお話しいただきます。
 ニセ科学はもとより、ネトウヨデマ、放射能デマ、陰謀論などなどのつっこみとともに、原発事故をめぐるリスクなどシリアスなこともふれられます。

お申し込みなしでどなたでもご参加できますが、
人数把握のため事前申し込みいただければありがたいです。   
civilesocietyforum@gmail.com まで
------------------------------------

 ニセ科学というのは具体的にどういうものかは本で書いたので、イベントでは「まともな科学とニセ科学の違い」「ニセ科学の傾向別分類」「ニセ科学は何が問題か」「ニセ科学を広める人たちの心理」「なぜ人はニセ科学にひっかかるのか」「どうすればニセ科学を見破れるのか」といった問題を中心に語りたいと思います。
 また、イベントに両方とも来ていただける奇特な方がおられるかもしれませんので、話す内容はなるべく変えようと思っています。
  
タグ :PRニセ科学


Posted by 山本弘 at 18:52Comments(9)サイエンスPR

2015年04月08日

『ニセ科学を10倍楽しむ本』文庫化

 2010年に楽工社から出版された『ニセ科学を10倍楽しむ本』が、筑摩書房から文庫になりました。

ちくま文庫 950円+税

 5年前に自分のホームページに書いた文章から、そのまま引用します。

------------------------
「ニセ科学っていったい何?」

 大阪大学の物理学者・菊池誠さんは、ニセ科学について、「科学をよそおってはいるが、科学ではないもの」と定義しています。
「波動」「アルファ波」「フォトン」「マイナスイオン」などなど、一見科学的に見える言葉を使ったり、もっともらしい実験をやってみせたりして、科学的なように見せかけているものの、実はぜんぜん科学的ではないもの――それがニセ科学です。
 ニセ科学は、あるはずのないことを「ある」と言い、できるはずのないことを「できる」と言います。正しいことを「まちがいだ」と言い、本当のことを「ウソだ」と言います。「水は字が読める」とか、「水だけで自動車が走る」とか、「進化論は間違っている」とか、「アポロは月に行っていない」とか。

「そんなバカバカしい話を信じているのは、ごく一部の人だけじゃないの?」 

 いいえ、ちがいます。今の世界にはたくさんのニセ科学がはびこっていて、中には何百万人、何千万人もの人が信じてしまっているものがあるのです。
 たとえば中高校生から40代までの日本人1000人を対象に行なわれた調査では、「アポロは月に行っていない」と信じている人が18.5パーセントもいるという結果が出ています。
 9.11テロの真犯人がアメリカ政府だと信じている人は、アメリカ人の15パーセントもいます。
 進化論を信じていないアメリカ人は44パーセントもいます。
 有名な芸能人や、政治家、学校の先生などがニセ科学を信じてしまっている場合もよくあります。科学者の中にもニセ科学をとなえる人がいます。
 あなただって、この本に出てくるニセ科学のいくつかを、すでに信じているかもしれません。血液型性格判断とか地震雲とか『ゲーム脳』とか『買ってはいけない』 とかを。

「でも、おかしな考えをただ信じているだけなら、害はないんじゃないの?」

 そうでしょうか?
 ニセ科学の中には、高い商品を売りつけるもの、健康に害があるもの、人を不安にさせるもの、危険な考えを吹きこむものがあるのです。そうしたことを信じてしまうと、お金を損したり、病気になったり、怪しい宗教や危険な政治思想ににハマったりします。時には死んでしまう場合だってあります。
 それだけではありません。「アポロは月に行っていない」とか「相対性理論は間違っている」といった主張は、偉業をなしとげた人たちをウソつきや無能よばわりしています。そうした説を無責任に人にしゃべったり、ブログに書きこむことで、あなたはそうした人たちの名誉を傷つける行為に加担しているのです。

「そんなもの、禁止してしまえばいいじゃない」

 いいえ。言論の自由というものがあります。名誉毀損やウソの宣伝の場合を別にすれば、ただ単にまちがっているという理由で言論を禁止することはできません。
 犯罪をこの世からなくすことができないのと同じで、ニセ科学をこの世からなくすことはできません。何十年も前に生まれたニセ科学が今でも生き残っている一方、新しいニセ科学が次から次に生まれてくるのですから。せいぜい、ひっかからないように、自分で用心するしかないのです。

「どうすればニセ科学にだまされずにすむの?」

 いちばんいいのは、ニセ科学に興味を持つことです。ニセ科学とはどういうものか、どんな種類があってどんなふうにまちがっているのかをあらかじめ知っておけば、そうしたものに出会ったときに、「あっ、これはニセ科学じゃないか?」とピンとくるでしょう。
 この本のタイトルを『ニセ科学を10倍楽しむ本』としたのは、多くの人にニセ科学に興味を持っていただきたいからです。「ニセ科学なんて興味ないよ」と無視して、本当のことを知ろうとしなければ、かえってニセ科学にだまされてしまいます。

「でも、科学の話なんてむずかしいんじゃない?」

 ご心配なく。かたくるしい書き方をさけ、中学生の夕帆ちゃんという女の子を主役に、中学1年生ぐらいの学力でも理解できるような楽しい読み物にしましたから。
 ニセ科学そのものはデタラメでも、それがどうデタラメなのかを知るのは、きっとあなたの役に立つはすです。


第1章 水は字が読める?
 夕帆ちゃんの通う中学の先生が、「水は字が読める」「〈ありがとう〉と書いた紙を容器に貼るときれいな結晶ができる」なんて、おかしなことを言いはじめた。
 同じことを教えている先生は日本中におおぜいいるという。これは大問題だ! パパは学校に出かけていって、先生と話をする。

第2章 ゲームをやりすぎると「ゲーム脳」になる?
 田舎からやってきたおばあちゃんが、夕帆ちゃんがテレビゲームを1日1時間やっていると知って心配する。
「それは大変! ゲームのやりすぎよ! ゲーム脳になっちゃうわ!」
 学校の先生や親たちも信じているという「ゲーム脳」。それっていったいどういうもの? 本当にゲームが有害だという証拠はあるの?

第3章 有害食品、買ってはいけない?
 また輸入食品から基準値を超える残留農薬が発見されたというニュース。それを見て夕帆ちゃんのママはひどく心配する。
「基準値の2倍だなんて、すごく危険じゃない」
 本当に残留農薬や食品添加物ってそんなに危険なんだろうか。実は「危険だ」「危険だ」と騒ぐ声にだまされていないか?

第4章 血液型で性格がわかる?
 友達の青葉ちゃんが夕帆ちゃんの家に遊びに来た。
「AB型の人は二面性がある」
「B型って性格がひねくれてる」
 などと決めつける青葉ちゃん。
 今や日本人の多くが信じている血液型性格判断。でも、根拠はあるんだろうか。そもそも言い出したのはいったい誰?

第5章 動物や雲が地震を予知する?
 夕帆ちゃんの友達の勇馬くんの飼っている犬が、地震の前日になぜか騒いだという。
 動物が地震を予知するというのは本当だろうか? そして地震の前に発生すると言われる「地震雲」の正体は?

第6章 2012年、地球は滅亡する?
 2012年に地球が大災害に見舞われるという映画を観てきた夕帆ちゃんと勇馬くん。帰りに書店に寄ると、タイトルに「2012年」「アセンション」「フォトンベルト」などとついた本がいっぱい並んでいた。
 天文学者によれば、2012年に地球はフォトンベルトというものに突入するのだそうだ。それほんと?

第7章 アポロは月に行っていない?
 夕帆ちゃんの友達の流菜ちゃんが、インターネットで見つけた話をする。
「アポロが本当は月に行ってないって知ってた?」
 アポロ11号の月面着陸はアメリカのでっち上げで、その証拠もいっぱいあるというのだ。
 興味を持った夕帆ちゃんは、この問題について調べて、夏休みのレポートを書く。ウソをついているのはいったい誰?

第8章 こんなにあるぞ、ニセ科学

 世の中にはまだまだニセ科学がいっぱいある。マイナスイオン、ゲルマニウムブレスレット、フリーエネルギー、ホメオパシー、反相対論、911陰謀説、インテリジェント・デザイン論……だまされないようにしなくっちゃ!

エピローグ うたがう心を大切に

--------------------

 ご覧のように、この5年間で古くなってしまった話題もあります。特に第6章。2012年、過ぎちゃいましたしね(笑)。
 全面的に書き直そうかとも思ったんですが、そうなると第6章はまるごと削らなくちゃいけない。また『水からの伝言』や『ゲーム脳の恐怖』のブームなども、また同じようなことが起きないよう、特に若い人たちの参考になるよう、本の形できちんと残しておくことに意義があると思いました。
 そこで文庫版は、楽工社版をほぼそのままの形で再録しつつ、各章末に、この5年間に起きた変化について追加情報を入れることにしました。第1章では「江戸しぐさ」、第2章では「非実在青少年」問題、第3章では2014年の上海福喜食品の食品偽装事件、第5章では2011年の東日本大震災……といった具合です。

 文庫化にあたって、イラストも一新しています。表紙もかわいいですけど、各章扉の絵もいいんですよ。


 書店で見かけたら、ぜひお手に取ってください。
  
タグ :PRニセ科学


Posted by 山本弘 at 17:32Comments(11)サイエンスPR

2015年03月08日

イベント:「サブカル×宇宙」論

「サブカル×宇宙」論

 現代の天文学が明らかにしてきた宇宙の姿は、私たちの世界観にどのように影響しているのでしょうか。文化のさまざまな側面に、その影響があることは疑いようがありません。しかし、その現れ方は多種多様で、ひとくくりに語る事は不可能です。

 本イベントでは、特にサブカルに注目した時に、どのような形で宇宙がその姿を覗かせるのか、具体的な事例を取り上げながらゲストと共に論じていきます。特に80年代以降のアニメや漫画、ライトノベルなどのSF作品に注目します。

 その構造やパターンを明らかにすることで、太陽系外惑星における生命兆候探査など、今後の天文学におきるであろうエポックメイキングな発見が、私たちの文化にどのようなインパクトをもたらすのかについても、考えてみたいと思います。

登壇者
 福江 純
 山本 弘
 野尻 抱介

司会
 渡部 義弥

日時
 2015年3月19日(木) 19:00-22:00

会場
 King of Kings
 大阪府大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第1ビル地下1階
 JR大阪駅徒歩5分・西梅田駅・北新地駅徒歩1分

定員
 30名

参加費
 4,000円(飲食費、飲み放題パーティーコース)

その他
 ビュッフェスタイルでの飲食を伴うイベントです。
 また、ニコニコ生放送によるネット中継を予定しています。

 ご予約、お問い合わせ、さらに詳しい情報はこちらまで
http://www.tenpla.net/osaka2015s/0319.shtml
---------------------------------------

 今月はいつものLiveWireとは別に、こういうイベントをやります。SF作品をネタにして、宇宙や宇宙論を語ろうというものです。
 飲み放題のパーティ形式なんで、4000円は妥当なお値段だろうと思います。参加できなかった方のために、ニコ生の中継もあるそうなので、そちらもご覧ください。
 僕や野尻氏については今さら言わずもがなですが、大阪教育大学天文学研究室教授の福江純先生もSFファンで、『SFアニメを天文する』なんて本もあったりします。
 1988年に書かれた『降着円盤への招待』(講談社ブルーバックス)は、『サイバーナイト 漂流・銀河中心星域』を書く時にずいぶん参考にさせていただきました。もしかしたら『サイバーナイト』の話もできるかな?
  


Posted by 山本弘 at 13:34Comments(1)サイエンスPR