2016年08月06日

「イルミナティカード」でテレビに出たのはいいけれど……

 これまでこのブログや本で何度も「イルミナティカード」(正式名称「Illuminati: New World Order」)の嘘を暴いてきた。

http://hirorin.otaden.jp/e164900.html
http://hirorin.otaden.jp/e175801.html
http://hirorin.otaden.jp/e258455.html
http://hirorin.otaden.jp/e261607.html

http://www.asios.org/books.html#b14


 こんなデマが広がったら危険だな……とは思っていたが、まさか大量虐殺をやる奴まで現れるとは、まったく予想外だった。
 この手紙のことが報じられたら、僕はすぐにツイッターでも情報を流した。

大量虐殺事件の容疑者が言及していた「イルミナティカード」とは何か?
http://togetter.com/li/1005428

 それを見たらしく、TBSから取材が来た。
 以下は7月29日放映のTBS『ニュース23』の内容。TBSの動画ニュースから引用させていただいた。(現在は掲載期間が終了したので削除)



障害者19人殺害 “犯行予告”に同封の紙入手

 植松容疑者が衆議院議長にあてた犯行予告ともとれる手紙には、7枚の紙が同封されていました。不可思議なカードが印刷されているものが5枚、イラストが2枚。「NEWS23」が独自に入手しました。
 障害者施設の入所者19人が殺害された事件で逮捕された植松容疑者。「イルミナティ」と書かれたカードにどんな意味が。

 「イルミナティが作られたイルミナティカードを勉強させていただきました」(植松容疑者が衆院議長に送った手紙より)

 イルミナティとは秘密結社の名称のこと。この「イルミナティ・カード」を持っている人物に私たちは接触することができました。SF作家でゲームに詳しい山本弘氏。アメリカで90年代に発売されたカードゲームで、秘密結社同士が組織の拡大を競い合うゲームだと説明します。しかし・・・

 「もう何年も前からカードが秘密結社の“陰謀の計画書”というばかな説が流れている」(SF作家 山本弘氏)

 きっかけは、2001年のアメリカ同時多発テロでした。

 「カードの中にニューヨークのツインタワーが爆発する絵がある。それを見た人が“現実の予言”と騒ぎ、注目を集めた。陰謀論者が“世界征服をたくらむ陰謀組織の計画書だ”と・・・ありえない」(SF作家 山本弘氏)

 植松容疑者が衆議院議長にあてた手紙。その中に、まさにそのカードのコピーも含まれていました。

 「隕石衝突、疫病、飢餓・・・あらゆる災害や事件のカードがある。現実と一致するのは当たり前」(SF作家 山本弘氏)

 一方、植松容疑者が議長にあてた手紙には、ゲームの中で“伝説の指導者”とされる人物のカードも。彼に自らを重ねたのか、指導者の名前「BOB」の文字を独自の解釈で「4013」と読み替えた上で、逆さから自分の名前と同じ「サ・ト・シ」と読んでいました。

 「私の名前はサトシです。2月15日に気が付き、愕然としました。今こそ革命を行い、全人類の為に必要不可欠である辛い決断をする時だと考えます」(植松容疑者が衆院議長に送った手紙より)

 植松容疑者は、イルミナティ・カードに勝手な解釈を加え、実際にはあり得ない陰謀論の世界に入り込んでいたのでしょうか。

 「陰謀論を信じると非常に都合がよい。自分に不利な情報が出てきても陰謀組織がばらまいたデマと言える。自分の世界が完全無欠になる」(SF作家 山本弘氏)

 背景を説明しておくと、「イルミナティカード」の件で『ニュース23』から急に取材の申し込みが来たのは、7月29日。
 その日は東京創元社「第7回創元SF短編賞贈呈式+トークイベント」のために東京に行っていた。イベント前に創元社の会議室で大森望氏らと雑談をしていたら、早川書房経由でTBSから電話がかかってきた。
 その日は、これもたまたま『SPA!』からも同じ件で問い合わせがあって、インタビューの予定があったもんで、実物を見せた方がいいだろうと、僕が所有しているINWOのスターター・キットを家から持っていっていた。(結局、『SPA!』は電話インタビューになったので、使わなかった)
 電話が来てから30分ほどして、TBSのスタッフが僕の泊まっているホテルにやってきて、ホテルの一室を借りて撮影を行なった。 インタビューのためにわざわざ部屋を借りるというのは初めて知った。

 けっこういろいろ喋ったんだけど、放映を見てがっかり。多少はカットされるのは覚悟してたけど、いちばん大事な部分がばっさり切られてる!

「これはスティーブ・ジャクソン・ゲームズが作った、陰謀論をパロディにしたトレーディング・カードゲームです」

 僕は何回も何回もそう説明したんだけどなあ。そこがいちばん重要だよねえ?
 あと、こうも言ったよ。

「こんな事件が起きたからって、ゲームをバッシングするのはやめてほしい。ゲーム会社も、ゲームで遊んでいる人たちも、これが冗談ゲームだと分かってて楽しんでるんですから。ゲームのことを何も知らない人間が勝手に騒いでるだけなんです」

 でも、そこもカット。
 これではたしてINWOについての正しい知識が視聴者に伝わったんだろうか? あの番組内容じゃ、TCGであることすら分からないんじゃないかと思うんだが。
 これを機会に、テレビを使って、INWOをめぐるデマを徹底的に潰したいと思ってたんだけど、これではちょっと難しいかも。

 なぜカットされたのか?
 実はディレクターさん自身が、TCGというものをまったく知らなかったんである。僕が「『ポケモンカードゲーム』とか『遊戯王』みたいなもんです」と説明しても、きょとんとしてた。
 どうも自分に理解できないから、視聴者にも理解できないと思ってカットしたんじゃないかと思う。
 そう言えば、フジテレビがこの植松容疑者の手紙のことをニュースで報じた時、なぜか「イルミナティ」「イルミナティカード」という箇所を黒く塗りつぶしてあったんだそうだ。なぜ塗りつぶしたのか? ネットではなんか深読みしている人が多かったけど、僕が思うに、理由は簡単。
 フジテレビのディレクターも、「イルミナティカード」って何なのかまったく理解できなかったんだと思う。それで万が一、登録商標か何かで抗議が来るとまずいと考えて消したんだろう。
 消すんだったら「フリーメーソン」の方だろって思うんだけど。イルミナティは実在しないけど、フリーメーソンは実在の団体だぞ!

 もちろん僕はTBSのディレクターに、TCGについて説明し、さらにスティーブ・ジャクソン・ゲームズの『トゥーン』とか『ニンジャバーガー』についても説明し、グループSNEにいた頃に『GURPS』関係の仕事をしてたから無関係というわけでもないと語った。

「そのがーぷすというのもカードゲームなんですか?」
「いや、これはテーブルトークRPGで……」

 そこから今度はテーブルトークRPGについても解説するはめに!(笑) あー、めんどくせえ! でも、もちろんそこもカットされた。

 他にも植松容疑者の手紙には、「18」という数字に注目してる箇所があった。僕が「ははあ、なるほど18ですね」と納得していたら、「18って何か意味があるんですか?」と訊かれた。「6+6+6。獣の数字666ですよ」と説明したんだけど……。

 ディレクター氏、「666」も知らない!

「ヨハネ黙示録の中に出てくる数字で……」と説明したけど、どうもヨハネ黙示録自体、分かってないみたい。
 まあ、しかたないなあ。オカルトとかゲームとかに興味のない一般人の知識ってこんなものか……。
 そう言えば思い出した。21年前のオウム事件の時、マスコミ関係者で「ハルマゲドン」という言葉を知らない人がいたという話を。『幻魔大戦』がアニメになった時、テレビでさんざん「ハルマゲドン接近」って言ってたはずなのに。

 もっとも、マスコミ関係者がみんな無知というわけじゃない。他にも取材してきた新聞記者の方の中には、僕が「トレーディング・カードゲームって分かります?」と言うと「『遊戯王』みたいなやつですよね」と即答された方もいた。
 だからマスコミ関係者の中にも、知識のある人とない人がいるんだろう。


 ちなみにニュースの中に出てきた「伝説の指導者」ボブというのは、亜天才教会(Church of the SubGenius)という冗談宗教の教祖とされる人物。そのBOBを数字に置き換えて13013になってるわけ。

 植松容疑者は最初の1と3を足して4にし、「4013」にして、それを逆から読んで「3 10 4」=「さとし」にしていた。
 もちろん、そんなこじつけに何の意味もないのは言うまでもない。
 亜天才教会については、解説するのは面倒だし僕も詳しくないんで、ウィキペディアを読んでほしい。

https://en.wikipedia.org/wiki/Church_of_the_SubGenius

 アメリカには他にもこういう冗談宗教がいくつもある。

http://www.h7.dion.ne.jp/~samwyn/parorels.htm

「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」は日本でも本が出ていて有名。他にもINWOには、不和の女神エリスをシンボルとする「ディスコルディアン」も出てくる。

https://en.wikipedia.org/wiki/Discordianism

 こういうものを知らない日本人が多いのはしかたないけど、検索すれば一発で出るからね? 分からなかったら検索しようね。

【8月11日追記】
 同じ7月29日に、『SPA!』からも電話で取材を受けたことは書いたけど、『SPA!』8月9日号に載った記事を見てびっくり。
 僕がこのゲームのことを「IWNO」と言ったことになってる! それも2回も!

 いや、確かにINWO(イルミナティ:ニュー・ワールド・オーダー)と言ったよ、何度も。これじゃまるで僕が間違えたように見えるじゃないか。
 それに僕の知識も正確とは限らないし、電話越しでは聞き取りミスもあるかもしれないと思って、「詳しいことはスティーブ・ジャクソン・ゲームズのサイトに行けば書いてありますから読んでください」とも言ったはず。
 でも、この記者、ゲームの名前なんて基本的なことも間違えるってことは、結局、スティーブ・ジャクソン・ゲームズのサイトも見ずに記事を書いたってことだろう。
 信じられない。
 何で記事を書く前にその程度の手間をかけないんだ?
  


2016年03月16日

「保育園落ちた」陰謀論

 例の「保育園落ちた日本死ね!!!」ブログに対して陰謀論が起きている。政府を攻撃するために作られたニセのブログではないかというのだ。
 なんと、「誰が書いたんだよ」などとヤジを飛ばした平沢勝栄議員自身が、「これ、本当に女性が書いた文章なんですかね」と言いだした!

http://www.huffingtonpost.jp/2016/03/09/katsuei-hirasawa-hooted_n_9423292.html

 当たり前だけど、あの文章を女性が書いたものではないとする証拠なんかない。
 そんなことを言いだしたら、どんな歴史的文書だって、タイムマシンで過去に戻ってそれを本人が書いている現場を確認できない以上、「これ、本当に○○が書いた文章なんですかね」と疑うことが可能になる。
 証拠のない主張に、何の意味がある?

 mixiニュースのつぶやきでも、陰謀論を唱える者が多い。

「保育園落ちた」きっかけに2万7千署名 制度充実求め
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=3890657&media_id=168

>こっちにも張っとくか 日本共産党による『保育園落ちたの私だ』デモ なりすましの可能性 な ん と デモ後の打ち上げで韓国酒whttp://hosyusokuhou.jp/archives/47002172.html あ~やっぱり(棒

 焼肉食べながら韓国酒飲んだら韓国人である証拠らしいです(笑)。 だったら中華料理食べながら中国酒飲んだら中国人である証拠か? メキシコ料理食べてテキーラ飲んだらメキシコ人である証拠?

>こいつらみんな共産顔と朝鮮顔だなwww(感想はあくまで個人的なものであり、事実とは異なる場合があります)

「朝鮮顔」も変だけど「共産顔」って何(笑)。

>保育士が辞める原因“モンペ”ってのが、この一連の流れを見ててどれだけ恐ろしいのかがよく分かる。基本、モンペの人たちって在日だと思ってるが…。

 保育士が辞める主な原因は労働環境の劣悪さなんですけど? だいたい「モンペの人たちって在日」と思う根拠は?
 つーか、保育所不足の問題に在日コリアン、何の関係もないよね?

保育園落ちたブログ 「日本死ね!」とつぶやいた女性が現在の心境を明かす 「正直、反応の大きさに驚いている」とまどいも…
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=3890173&media_id=133

>日本死ね!なんて普通の主婦が言うか?憲法9条にノーベル平和賞の怪しげな主婦(プロ市民)と同じ臭いがするんだよ。

 なんで普通の女性が言わないと思うんだ? つーか、憲法9条も関係ないし。

>東京都内の30代の女性? 母親だかなんだか知らんが、日本中の朝鮮成分の三分の一はこの女に取憑いているな。

「朝鮮成分」(笑)。なんか「朝鮮」が悪霊扱いされてるぞ。

>保育園落ちた~ってつぶやきは毎年沢山あるのにこれだけが広まったってのは最初から裏があるんじゃないかという気がします。

 論理が逆だ! 毎年たくさんある中から、たまたま国会で取り上げられたから話題になったんでしょ?
 そもそも「保育園落ちた」というつぶやきが毎年たくさんあるということは、それをわざわざ新たに創作する必要なんかないってことなんだけど、そんな理屈も分からないのだろうか? 

>”共産党プロデュース”ということはネットで暴かれてますけど?

 ええっと、それって保守速報かどこかですか?(笑)

>氏素性も知れぬ上に、更に手際よく共産党が便乗しているのに、よく「市井の人」だと断言できるもんだwww自作自演サポーター乙www

 政府への抗議に共産党や反安倍主義者が便乗するのは、不自然でも何でもないですが? 便乗しなかったらそれこそ不自然でしょ?

>デモの打上で韓国料理で酒飲んでたらしいじゃないですか?母親が酒飲んでる間に子供は何処行ったニダ?そもそもガキなんて居るのか?

 先週号の『週刊文春』によれば、この女性はデモには参加していませんが?

>「日本死ね!」って書いてる時点で在日なんだろ?どうせ。

>朝鮮人でしょ?

>共産党が出てくる時点で察し。

>で、日本死んだら祖国チョーセンにでも子供を預ける気でしょうか?

>「日本死ね」って朝鮮人の口癖でしょ。働きもせずデモやってるヒマ人が保育園に受かってたまるもんか。、

>共産党の名前があるだけで胡散臭い。在日ならではの言葉だねぇ。

>「生粋の日本人」なら「日本死ね」なんて言わないよな。普通は。


 だから何でそう思っちゃうんですか?
 あと、陰謀論とは違うけど、この女性に対して「お前が死ね」と暴言吐いてる奴も多数。彼らのモラルでは、女性が「日本死ね」とは言っちゃいけないけど、女性に向かって「お前が死ね」と言うのはかまわないらしいぞ(笑)。

 ツイッターでも盛り上がっている。

待機児童工作に釣られてる人達
http://togetter.com/li/945887#c2537786

「保育園落ちたの私だデモ」を画像などから考えてみる
http://togetter.com/li/948103#c2551670

 僕はtogetterのコメント欄に、こう書いた。

>本物の陰謀と妄想の「陰謀論」の違いは、具体的な証拠があるかどうか。「俺はそう思った」というのは証拠じゃないからね?

 ところが、あきれたことに、そのすぐ下に、別の奴がこんなコメントを書いたのである。

>自治体やそこの担当者への不満でなくいきなり「日本死ね」になっちゃってるのも不自然なんですよね。どこが保育園担当なのか知らないのかと。こんな違和感だらけな行動で疑惑を持つなという方が無理だと思います。

 いやいやいや、僕はこの女性の激しい怒りが「日本死ね」という暴言になるのはまったく「不自然」とは思わなかったし、「違和感だらけ」とも思わなかったんですけど?
 確かに「日本死ね」は暴言である。それは僕も否定しない。しかし、この女性は保育園に落ち、激しく怒っていた。ものすごく腹が立った時に思わず「死ね」と言ってしまうことは、誰だってある。
 それに待機児童問題への不満は、「自治体やそこの担当者」にぶつけたってどうなるものでもない。いわば今の日本社会全体の構造が抱えている問題だ。まして首相は「一億総活躍社会」なんてスローガンを掲げてるんだから、「どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか」と愚痴りたくなるのも分かる。
 それが「日本死ね」という言葉になることの、どこが「不自然」なのだろう? むしろ自治体の担当者の名前を出して「〇〇死ね!!!」なんて書いたら、そっちの方がよっぽど問題じゃないか?
 つまり、「不自然」「違和感」というのは、そう言っている人の主観──「俺はそう思った」にすぎないんである。
 具体的な証拠ではなく、こうした主観を根拠に語るのが「陰謀論」だ。

 たとえば「アポロの飛行士の月面活動の映像は不自然だ! あれはやらせだ!」というのは、典型的な陰謀論。
「東日本大震災は不自然だ! あれは人工地震だ!」とかいうのもそう。
 反原発派の人が批判されると、相手を「御用学者」とか「原発推進派の工作員」とか決めつけたりするのもそう。

 もちろん、世の中には本物の陰謀もある。
 たとえばウォーターゲート事件。民主党本部に盗聴器を仕掛けようとした奴が逮捕されて、しかもニクソンが関与していたことが分かった。そうした証拠が出てきたからこそ、本物の「陰謀」であることが証明されたのだ。
 でももし、何の証拠なしに「誰かが私の生活を盗聴している。どこかに盗聴器が仕掛けてあるに違いない」と言いだす人がいたら、それは陰謀論──もっとストレートに言えば「頭がおかしい」。
 でもねえ、そういう妄想を抱いている人間って、けっこういるんだよね……。

 で、僕がいちばん腹が立ったのは、こんなこと書いてる奴。

>『疑うのは面倒だ、考えるのは面倒だ、誰かの言ったことを鵜呑みにするのは楽でいいーその心の隙に、トンデモは忍び込んでくるのだ。疑う心は、トンデモの予防策である」とトンデモ本の世界Rで「疑うことの大切さ」を説いた山本弘さんが『何でもかんでも陰謀に見えてしまう「陰謀脳」』とか言い出すとはなあ。

 いやいやいや何言ってんだよお前!
 僕が説いている「疑うことの大切さ」というのは懐疑論だよ。陰謀論っていうのはまさに、誰かが言ってることや、自分がふと思いついたことを、何も考えずに鵜呑みにしちゃうこと。懐疑論とは正反対なの。
 そんな基本的なことから説かなくちゃいけないのか……(ため息)。

 そもそもみんな忘れてるかもしれないけど、今回の騒ぎが何で拡大したかって言ったら、単に「保育園落ちた」ブログが国会で取り上げられただけじゃない。「誰が書いたんだよ」「ちゃんと本人を出せ」というヤジが飛んだからだ。
 それがきっかけで、保育園に子供を預けられなかった人たちの怒りが爆発し、ツイッターで「#保育園落ちたの私だ」というタグが炎上した。

「保育園に落ちたの誰だ?私だ!デモ」が起こりそうな雰囲気高まる #保育園落ちたの私だ
http://togetter.com/li/945691

 自民党の平沢勝栄議員のヤジがなかったら、こんな大騒ぎにはならなかった。
 つまり、これが陰謀だとしたら、そのシナリオには平沢議員も加わってることになる。
 その方がよっぽど「不自然」だろ?

 他にも、こんな意見も飛び出した。

「『保育園落ちた』の署名を渡したママはブランド品の抱っこ紐を使ってるからプロ市民」に対する反応
http://togetter.com/li/949308

 デモに参加した女性たちの写真が「プロ市民臭い」「全員がオサレママ()御用達の某海外ブランド品を使っている」と邪推する人が出現。
 しかし、その「海外ブランド品」とは、エルゴベビーという人気商品で、今はお母さん方がごく普通に使っているものだった。
 知っている人間にとってはごく普通のことなのに、知識のない人間にとっては「不自然」で陰謀の証拠に見える……これはアポロ陰謀論や神州7号陰謀論とまったく同じ構造である。

 結論。
 陰謀論というのは、自分の世界観と現実の世界が食い違うところに生じる。

 Aという勢力が好きな人が、Aを貶めるような情報を目にする。
 その逆に、Bという勢力を嫌っている人が、Bを貶める情報が少ないことに不満を抱いてる。

 そこで彼らは、自分の世界観と現実のギャップを、主観による陰謀論で埋めようとする。

「Aを貶める××という情報はBの流したデマだ」
 とか、
「Bを貶める情報は隠蔽されているのだ」
 とか。

 ぶっちゃけて言えば「現実逃避」だ。

 保育園が足りない。子供を預けたくても預けられない人が大勢いる。それが現実。
 陰謀論を唱える人間は、その現実から目をそらしたいだけだ。

  
タグ :陰謀論デマ


Posted by 山本弘 at 15:42Comments(38)事件社会問題ツイッター

2015年09月15日

鬼怒川決壊をめぐるデマ・3

 今回は非常に微妙な問題を扱う。というのも、まだ真相が分からない部分があるからだ。

鬼怒川堤防について
http://togetter.com/li/871943

 最初に注意しておきたいのは、このタイトルはまとめ主が後から変更したもので、最初のタイトルはこういうものだった。

【デマ注意】「鬼怒川堤防はソーラーパネル業者が削った」「事業仕分けでスーパー堤防が廃止された」→対象外です
https://www.reddit.com/r/newsokur/comments/3kdf81/

 内容も大幅に変更され、別物になっている。幸い、まとめ主さんは魚拓を残してくれていて、元はどんなものだったかが分かる。

https://archive.is/quCMH

 このデマが拡散したきっかけは、10日の15時にアルファルファモザイクが「鬼怒川の堤防決壊、太陽光発電設置のために堤防を削ったことが一因ではないかと話題に」と報じたことだった。

http://alfalfalfa.com/articles/130779.html

 注意深く読むと分かるけど、このアルファルファモザイクが引用した書きこみ、「その場所の今をご覧ください」とあるだけで、この場所で堤防が決壊したとは明言していない。しかし、多くの人が「この地点で堤防の決壊が起きた」と誤解してしまった。
 実際にはグーグルアースで見ると、ソーラーパネルの位置と決壊地点は、直線距離で約4km離れている。

 ソーラーパネルの建設地点で起きたのは「越水」(水位が堤防を越えてあふれること)であり、「決壊」は起きていなかった。
 ちなみに朝日新聞の報道によれば、この日、他にも上流の二ヶ所で越水が起きていたという。

記録的な豪雨、改修予定の堤防襲う 鬼怒川決壊
http://www.asahi.com/articles/ASH9B5JTLH9BUTIL034.html


 さて、このTogetterのコメントで気になったのは、「ネトウヨの言うことは100%デマです」「また、ネトウヨがデマ流したのか」などと、ネトウヨのせいだと決めつける声があったことである。僕はそれは違うんじゃないかと思った。太陽光発電を嫌いな人がみんなネトウヨなわけじゃないだろうと。
 だから、こうコメントした。

>ネトウヨじゃなくて、「太陽光発電が嫌いな人」が流したデマじゃないのかな?

 そう思ったのは、以前から、太陽光発電を貶めるデマがしばしば流れていたのが気になっていたからである。たとえばこういうの。

「今時の台風で日本中のソーラーパネルがどういう末路を辿ったかキチンと報道すべき」→台風被害と無関係のまで台風被害の様に扱ってるぞw
http://togetter.com/li/693652

 昨年7月の台風8号の直後、破損したソーラーパネルの写真を4枚並べて「今時の台風で日本中のソーラーパネルがどういう末路を辿ったかキチンと報道すべき」とツイッターで流した人がいたのである。それを信じて拡散した者も多かった。
 だが、「今時の台風」の被害とされる写真のうち、1枚は同年2月の豪雪によるもの、1枚は同年6月の豪雨で流された流木によるもの、1枚は無資格工事で取り付けられたパネルが台風で落下したもの。
 残る1枚は2012年9月の台風17号で被害を受けた沖縄の写真。この時は那覇市で最大瞬間風速61.2メートルを記録、大型トラックが横転するなどの被害も出ている。そりゃあソーラーパネルだって飛ぶだろう。
 世の中にはこういう、「太陽光発電が嫌いな人」がいる。だからネットに流れる素人の情報をうかつに信じるのは危険だ、と思ったのである。

 その後、「昨年3月下旬、民間事業者が太陽光発電事業を行うため、横150メートル、高さ2メートル部分を削った」とマスメディアで報じられたことで、いっぺんに、「デマじゃなかった!」という声が広まる。

【続報】鬼怒川氾濫のソーラーパネル問題、デマじゃなかった!堤防が2mも削られていた模様
http://togetter.com/li/872100

 いや、ちょっと待ってほしい。このまとめでも指摘されているが、「ソーラーパネルのせいで『決壊』した」という最初の話は、結局デマだったのだ。最初にデマを拡散した人たちが「デマじゃなかった!」と開き直るのはおかしくないか?
 無論、越水によって被害が拡大したのは事実だ。しかし、水害の多くはソーラーパネルの建設と無関係な堤防決壊によるものである。水害の責任をすべてソーラーパネルのせいにするのはおかしい。
 誤解しないように。僕はこの民間事業者を擁護するつもりはない。越水が起きたのが自然堤防を削る工事をやったせいだとしたら、それは糾弾すべきだ。
 しかし、素人の判断で性急に決めつけるのは危険だ。

 先のテレ朝のヘリの話や、差別デマの話と違うのは、今すぐ結論に飛びつかなくてもいいということだ。
 デマの拡散は急いで防ぐ必要がある。しかし、すでに水害は起きてしまったのだから、今すぐに責任を追及しても、被害が減るわけではない。せめて何日か待って、もっと情報が集まってから結論を出してもいいのではないか?
 それに、素人による推理は間違いであることが多い。

迷探偵が多すぎる
http://hirorin.otaden.jp/e315536.html

 これまでも、ネット民の早とちりによって、無関係の人や団体が中傷されるという事例がいくつも起きている。それらの多くは、情報をちゃんと確認しようとせず、性急に正義を貫こうとしたために起きたことだ。
 たとえば3年前、大津市のいじめ自殺事件をめぐって、無関係の人が加害者親族と間違えられて誤爆されたことを、みんな忘れてしまったのか?

いじめ問題:やっぱりこんな事件が起きていた
http://hirorin.otaden.jp/e244973.html

 つい数ヶ月前にも、例の神社油まき事件で、無関係の別の教会の代表者が犯人と決めつけられて攻撃されたことを、もう忘れてしまったのか?

彼らは調べようとしない・2
http://hirorin.otaden.jp/e420247.html

 それともみんな、「自分はそんな間違いはしない」と思い上がっているのだろうか?
 まあ、これは以前にデマを拡散してしまったことのある僕の自戒でもあるのだが。

「オーケン伝説」はやっぱり都市伝説だった!
http://hirorin.otaden.jp/e37563.html

 もし間違って、無関係な人を犯人扱いして攻撃したら、重大な誹謗中傷になる。みんな、その恐ろしさを理解していないのではないか。
 情報を拡散するのは大事だが、誰かを犯人だと名指しする情報を発信する場合には、他の情報に比べて何倍もの慎重さが要求されるのではないか?
 ……というようなことを考えていたら、まさに今、そんなことが起きていたと分かった。

弊社が所有する「常総市若宮戸ソーラー発電所」と、
鬼怒川氾濫に関する報道について(ご報告)
http://www.solar-energy-i.co.jp/pdf/info150912.pdf

 今回の一件で非難を受けているソーラーエナジーインヴェストメント社が、問題の自然堤防を切り崩したのは隣接する他社だと言っている。
 僕はここに掲載されている写真を見て、あっと驚いた。

 それまで、鬼怒川水害の写真に写っている水没したソーラーパネルは、しばしばツイッターで流れてきた水害前のグーグルアースの写真に写っているのと同じものだと思いこんでいた。


 実際はソーラーエナジー社のソーラーパネルは自然堤防の西側にあり、濁流に呑まれて見えなくなっていたのだ。映像に写っていたのは、自然堤防の東側にある他社のソーラーパネルだったのだ。
 グーグルアースの写真は古いもので、撮影された当時、まだ自然堤防の東側にはソーラーパネルは建設されておらず、西側のソーラーエナジー社のパネルだけが映っていたのだ。

 まずい。僕は太陽光発電施設が同じ場所に二つあったなんて、そんな基本的なことにすら気がついていなかった。おそらく、同じ誤解をした人は多いはずだ。
 実際、検索してみると、「鬼怒川堤防決壊の原因と言われる堤防を削ったソーラー設置会社ソーラーエナジーインヴェストメント」と、名指しで非難していた人が山ほどいた。「鬼怒川堤防決壊の原因」ではないのだから二重に間違いなのだが、デマを流された同社はたまったもんじゃなかろう。
 素人の推理がもたらしたデマの怖ろしさである。

「デマでなければ拡散してもいい」と思ったら大間違いだ。あなたが「デマではない」と思っているだけで、実は間違いかもしれないのだ。
 繰り返すが、僕は越水を招いた責任者を許してはいけないと思う。しっかり調査して、責任は追及すべきだ。
 だが、急いで「正義」を貫こうとするあまり、関係ない人に迷惑をかけてはいけない。
 そのためにも、慎重さが要求される。

「いいか。世の中で最も危険な思想は、悪じゃなく、正義だ。悪には罪悪感という歯止めがあるが、正義には歯止めなんかない。だからいくらでも暴走する。過去に起きた戦争や大量虐殺も、たいていの場合、それが正義だと信じた連中の暴走が起こしたものだ」(『翼を持つ少女』より
)   
タグ :デマ


Posted by 山本弘 at 17:58Comments(19)事件メディアリテラシー

2015年09月14日

鬼怒川水害をめぐるデマ・2

 こういう事件が起きると必ず出るのが差別デマ。今回も出るだろうなと予想してたら、やっぱり、こんなことをツイートしている奴がいた。

>@aki21st 日本を守る!んですよね 徐々に水が引き始めたら 見知らぬ輩が家の様子を伺って回ってるそうです
>そう 阪神・東日本の震災の時に横行した強姦や空き巣を生業としている在日系の暴力集団が既に出始めてるらしいですよ ぜひともSEALDsの組織力で防犯活動してください


>@mom_kafa 震災の時と一緒です 警察が手が回らないので 泥棒団が被災地にやってきます 女性一人で家の中にいることは極力避けてください 強姦も奴らの目的の一つですから
>古くは関東大震災の時からの手口です


 阪神淡路大震災の時に「強姦が多発した」という話が嘘であることは、以前、ASIOS編『検証 大震災の予言・陰謀論』(文芸社)という本で書いたので、そこから引用させていただく。
http://www.amazon.co.jp/dp/4286116778


-------------------------------------------
 2011年3月11日、東日本大震災発生の直後の午後3時頃から、ツイッターでこんな情報が拡散した。
「阪神淡路大震災のとき、地震で、朝鮮人によるレイプ多発の事実と、放火説があります。みなさん、どうか、どうか周知をお願い致します」
 同じ日の夜にはこんなメッセージも拡散した。
「【警告】これから夜になります。阪神大震災で最後に最大に悲惨に襲った災害は『治安悪化』による『人災』です。大切な人を守って下さい。一人でいる人は、知り合いと小さくても良いのでコミュニティを作ってください。大切な仲間をお互い守るときです。⇒東京は在日朝鮮人、中国人がウヨウヨいます」
 阪神淡路大震災の直後、レイプが多発したという話は、当時、地元の『神戸新聞』をはじめ、『朝日新聞』『日刊ゲンダイ』『報知』『日刊スポーツ』『週刊文春』『現代』『FLASH』など、多くの新聞・雑誌で取り上げられた。
 今回の東日本大震災でも、被災地でレイプが多発しているという話が流れている。仙台市の歓楽街では、「夜間外出する女性を狙ったレイプ集団がいる」という話がキャバクラ嬢などに信じられていた。

■真相
【「レイプ多発」の根拠は1人の女性】
 阪神淡路大震災での「レイプ多発」の記事を調べたライターの与那原恵氏は、おかしなことに気づいた。それらの記事にはどれも、被害者自身の談話がまったく載っていないのだ。被害者の診療にあたった医師も、事件を扱った弁護士も出てこない。この件について『週刊文春』に寄稿した女性ライターも、被害者に直接会ったことはなく、「知り合いの保健婦から聞いた」「知人の恋人が被害に遭った」という伝聞でしか知らなかった。
 さらに与那原氏は、「レイプ多発」の話の情報源がたった一人の人物であることに気づく。「女性のこころとからだ」という電話相談を主宰するHという女性だ。Hさんの話によれば、24時間電話を受けられるように、事務所にはカウンセリングのスタッフを9人置いたという。彼女がマスコミなどに提出したデータによれば、震災の翌月の2月17日から電話相談をはじめ、4ヶ月間で1635件の電話相談があり、うち37件がレイプやレイプ未遂に関するものだったという。
 しかし、奇妙なことに、同じような電話相談を受け付けている関西の他の団体には、そのような報告がまったくないのだ。「ウィメンズネット」「被災女性を支える女たちの会」「性暴力を許さない女の会」「みずグループ」といった女性団体、YMCAが中心となって開設した「犯罪被害者相談室」、兵庫県「こころのケアセンター・震災ストレスホットライン」、いずれも震災後にレイプに関する電話相談はゼロ。唯一、「兵庫県立女性センター」に1件だけあったが、それも相談者が途中で切ってしまったので内容は分からないという。それなのに「女性のこころとからだ」にだけ37件ものレイプに関する電話があったというのは、きわめて不自然だ。

【根拠がなかったレイプ件数】
 与那原氏はHさんに会い、いくつもの矛盾を問いただす。
 Hさんは電話相談をはじめる際、避難所などに3000枚のチラシを撒いたと言っている。だが、そのチラシの実物を見た者がいない。Hさんは「最初は百枚だったかな」と言う。
 また、Hさんは2月17日から電話相談をはじめたことになっているが、実際は震災直後から知り合いの家に避難していて、落ち着いたのは4月か5月だという証言がある。Hさんは「始めた時期はちょっとはっきりしないわ」と言葉を濁す。2月から電話相談をはじめたのではないなら、2月からのレイプ件数のデータもウソということになる。
 事務所にスタッフを9人置いていたというのもウソで、電話は1台しかなく、すべて自分1人で受けたとHさんは認めた。
「この相談件数もレイプ相談の内容もまったく根拠のないものだと、そういうことですね」と与那原氏が確認すると、Hさんは「あなたがそう思うなら自由に書いてもらっていいですよ」と答えた。
 また、Hさんは震災の日、自宅で家族とともに被災し、夫は本棚の下敷きになっていたと言っていた。だが、Hさんの夫の証言では、彼女は震災の時に家にはいなかったし、彼は本棚の下敷きになどなっていないという。
 つまり「4ヵ月で37件」の唯一の根拠である女性の証言は、きわめて信用ならないのである。

【統計が否定する「レイプ多発」】
 ただし、これははっきり言っておかなくてはならないが、阪神淡路大震災の直後にレイプ事件がまったくなかったわけではない。
 1995年、兵庫県警が認知した強姦事件は57件。これだけ見ると多いようだが、その前年の94年も57件だった。震災の被災地にある14の警察署に限っても、1月から11月の間に強姦の認知件数は15件、前年の同時期は19件。つまりレイプは確かにあったが、増えてはいないのだ。
 強姦事件は被害者が届け出ない例が多いので、実際の件数はこの数倍あると思われる。実際にはいつもの年より多かった可能性もないではない。しかし、統計上、震災後に強姦事件が増加したという証明がない以上、「震災直後にレイプが多発した」と主張するのは根拠のないデマである。
「犯人は朝鮮人」という話に至っては、まったく筋が通らない。顔つきで外国人と分かるならまだしも、犯人が在日コリアンかどうかは逮捕してみなければ分からないはずではないか。連続レイプ魔が逮捕されているなら、新聞にも載るだろうし、その犯行件数が兵庫県警の統計に反映されていなければおかしい。それとも犯人は「俺は朝鮮人だぞー」と言いながらレイプしたのだろうか?
 レイプ以外の犯罪はどうだろうか。被災地で大規模な治安悪化があったのなら、当然、警察の記録に残っているはずである。しかし、平成8年版の『警察白書』第7章には、前年の阪神淡路大震災の際に、警察が被災地をパトロールして「犯罪防止のための諸対策」を講じたとは書かれているが、治安の悪化についてはまったく触れられていない。同じ年の『犯罪白書』では、震災については、第1編第4章「オウム真理教関係者による犯罪」という項の冒頭に、たった1行の記述があるだけである。

【東日本大震災でもレイプの増加はなし】
 今回の東日本大震災の場合はどうだろうか。
 キャバクラ嬢の間に流れるレイプ魔のうわさについて、『週刊ポスト』誌が宮城県警広報課に問い合わせると、こんな回答が得られた。
「そういう話はウチでは把握していない。宮城県警の方からキャバクラ嬢に働きかけをしているということもないはず。確かに強制わいせつ事件は2件あり、1件は逮捕し、1件は継続捜査中ですが、震災に関係あるといえるのか……。震災後も重要事件の発生は少ない。皆さん流言飛語にまどわされず、冷静に行動してほしい」
 実際、宮城県警のデータを見ると、平成23年の1~6月の強姦事件は6件(前年の同期は12件)、強制わいせつは53件(前年の同期は70件)となっている。
 福島県警は月別のデータを発表している(なぜか平成23年4月のデータが欠落しているが)。それによると、平成23年3~6月の強姦事件と強制わいせつ事件の認知件数は次の通り。

   強姦       強制わいせつ
3月 0件(前年1件) 10件(前年12件)
5月 3件(前年4件) 17件(前年32件)
6月 5件(前年5件) 25件(前年48件)

 見ての通り、強姦事件の数は去年に比べ横ばい、強制わいせつはむしろ減少している。
 確かにレイプは起きている。だが、「レイプがあった」と「レイプが多発した」はまったく違う話なのだ。ネットでは個々の例だけを取り上げ、レイプや強制わいせつが多発しているかのように錯覚させようと企む者がいるので要注意である。
 なお、空き巣や出店荒らしに関しては、確かに前年同時期より数十パーセント増加している。阪神淡路大震災と違い、混乱に乗じて略奪を働く者が多かったのは事実だ。だが一方で、自転車盗、万引き、車上ねらい、自販機ねらい、振り込め詐欺が大幅に減少しており、刑法犯の総数自体は前年より低下しているのだ。

■参考文献
『物語の海、揺れる島』(与那原恵、小学館)
『河北新報』2011年3月20日「デマ横行『震災による不安心理が背景に』」
『読売新聞』2011年4月1日「震災絡みの悪質デマを公表…警察庁、立件も視野」
『週刊ポスト』2011年4月15日号「被災キャバクラ嬢が怯える『集団レイプ魔』の流言飛語」

Togetter「地震のどさくさに差別をたれ流す人々」
http://togetter.com/li/110468
警察白書 平成8年版
http://www.npa.go.jp/hakusyo/h08/h08index.html
平成8年版 犯罪白書
http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/37/nfm/mokuji.html
福島県警/刑法犯・性犯罪等の発生状況(3月)
http://www.police.pref.fukushima.jp/seianki/ph/bouhanjoho/k2303.pdf
福島県警/刑法犯・性犯罪等の発生状況(5月)
http://www.police.pref.fukushima.jp/seianki/ph/bouhanjoho/k2305.pdf
福島県警/刑法犯・性犯罪等の発生状況(6月)
http://www.police.pref.fukushima.jp/seianki/ph/bouhanjoho/k2306.pdf
宮城県警/刑事総務課/犯罪統計
http://www.police.pref.miyagi.jp/hp/keiso/toukei/toukei_index.html
----------------------------------------
 これは4年前の8月に書いた文章なので、その後の情報を補足しておく。

『平成23年の犯罪情勢』(警察庁)より、この年の東日本大震災被災地のデータを見てみる。
https://www.npa.go.jp/toukei/seianki/h23hanzaizyousei.pdf

>被災3県においては、発災直後、武装した犯罪グループによる略奪、性犯罪の多発等といった流言飛語が流布したが、特定の手口の窃盗を除き、いずれの罪種も前年同期に比べて減少している。強姦、強制わいせつについても、いずれも前年同期に比べて認知件数が減少し、震災に関連して発生したと思われる性的犯罪は数件にとどまっており、被災3県合計の検挙件数、検挙人員は、前年同期に比べそれぞれ減少しているが、検挙率は上昇している(図表2-2-(4))。

(12ページより)

 というわけで、「武装した犯罪グループによる略奪、性犯罪の多発」について、警察庁は「流言飛語」つまりデマと断言している。
 窃盗に関しては、福島県の空き巣と出店荒しのみ増加している。原発事故による長期間の避難の間に、無人の家やコンビニなどを狙ったものだ。当然、犯人は「武装」などする必要がなかっただろう。

 というようなことをツイッターで書いたら、ある人から非難された。要約すると、「過去に否定的データがあるから今回のはデマである」と主張するのは間違いだ、というのである。今回はデマじゃないかもしれないじゃないか、というのだ。
 冗談じゃない、「阪神・東日本の震災の時に横行した強姦や空き巣を生業としている在日系の暴力集団」というのは、まさに「今回」流れているデマなのに、この人はそれが分かっていない。
 その人はこうも書いていた。

>(ありえないと思いますが)「暴力集団が増えてそれ以外の暴行が減り、認知件数は一定」と仮定することも不可能ではない。すると「認知件数が増えていないデータ」と「暴力が横行」のデマが矛盾しなくなってしまう。データがデマへの有効打になってないのでは、と

 それに対する回答は、上に示したように、僕は4年前に書いている。〈しかし、統計上、震災後に強姦事件が増加したという証明がない以上、「震災直後にレイプが多発した」と主張するのは根拠のないデマである〉と。
 そもそも「仮定することも不可能ではない」というのは、あまりにも万能すぎて、うかつに使うのは危険な論法である。「警察庁のデータは何者かによって改竄されていると仮定することも不可能ではない」とか「山本弘は某国の工作員であると仮定することも不可能ではない」とか、何でも言えてしまうではないか。
 あるいは「宇宙人が地球に潜入していて、普通の人間に化けてそこらを歩き回っていると仮定することも不可能ではない」とか「この世界は高度な知性によって創られたコンピュータ・シミュレーションであると仮定することも不可能ではない」とかいったことだって言える。ええ、そうですよ。不可能じゃありませんよ。
 つまり「仮定することも不可能ではない」という論法を使えば、あるデマをいつまでたっても否定できないことになってしまう。「仮定」はいくらでもひねり出せるのだから。
 警察庁が「流言飛語」と断言していることを、「デマではないかも」と主張するのは、警察庁の結論を否定することである。そんなことを主張するからには、当然、警察庁のデータを上回る根拠がなくてはならないはずだ。「仮定することも不可能ではない」などという、あやふやな話では根拠にならない。
 このブログで、僕は前にこう書いた。

 だから、「噂は完全に否定されるまではデマではない」と考えてはいけない。「噂は事実だと証明されるまではデマ」と考えるのが正しい。

 僕を批判してきた人は、話してみて分かったのだが、べつにレイシストに肩入れしているわけではなく、可能な限りフェアであろうとしているらしい。もちろん主張はフェアであるべきだが、それが行き過ぎている。
「阪神・東日本の震災の時に横行した強姦や空き巣を生業としている在日系の暴力集団が既に出始めてるらしいですよ」というのは、今まさに多くの人を傷つける可能性のあるデマである。それに対して「仮定することも不可能ではない」という論法で擁護し、手をこまねいているのは正しいことではない。放っておけば、このデマを信じる人間がさらに増えるかもしれないのだから。
 たとえて言うなら、「暴力は絶対にいけない」という主義主張を貫くあまり、目の前で暴漢が暴れているのを力ずくで止めようとしないようなものだ。それは本末転倒であり、正義ではないと、僕は思う。
  


2015年09月14日

鬼怒川水害をめぐるデマ・1

 大きな事件や災害が起きるたびにデマが流れるのはいつものこと。今回もいくつものデマが流れた。
 たとえば「鬼怒川の堤防を蓮舫が仕分けした」というデマ。

【仕分け】堤防仕分けの蓮舫議員に殺到する国民の批難の声【洪水】
http://togetter.com/li/871953

 実はスーパー堤防の計画には最初から鬼怒川は入っていなかった。だから今回の水害に関して、蓮舫はまったく責任はないのだが、早とちりして彼女を非難する人々、よく調べもせずにそれに便乗する人々が続出した。

民主党の蓮舫議員がTwitterで「悪質なデマに注意」事務所は「法的措置検討する」鬼怒川決壊で
http://www.buzznews.jp/?p=2025421

民主・枝野氏 「スーパー堤防の事業仕分けは全く関係ない!」
http://www.sankei.com/politics/news/150914/plt1509140009-n1.html

 ところで、上のTogetterをまとめた人物は、こんなまとめも作っていた。

【速報】テレ朝/日テレのヘリが自衛隊の洪水救助を妨害!? #NHK で放映され撃ち落とせと炎上【反日】#tvasahi #ntv
http://togetter.com/li/871925?page=1

 NHKのヘリからの生中継で、テレビ朝日や日本テレビの取材ヘリが、救助作業を行なっている自衛隊のヘリのすぐ近くを飛んでいるかのように映っていた。民放のヘリが救助を妨害している! と激怒する者が多数。


>テレ朝のヘリ邪魔どっかいって
>テレ朝のヘリ近すぎだろ!邪魔だ!
>おいテレ朝ふざけんなヘリ近すぎるだろうが
>NHK中継見てると救助の自衛隊ヘリとテレ朝ヘリが接触しそうで恐い
>テレ朝ヘリ落ちてしまえ
>テレ朝のヘリ高度低いな、自衛隊ヘリの1機分くらいしか高度取ってないじゃん
>さすがゴミメディア社テレ朝
>救助ヘリと同じような高度飛んでたら危ないだろ
>テレ朝の報道ヘリに誰か地対空ミサイル撃ちこんどけ
>自衛隊のヘリの近くを飛行とかテレ朝は気狂ってんのか
>テレ朝とフジTVのヘリは近づきすぎ!救助の邪魔するな!気流が乱れて危ないだろ!!
>救助活動を妨害しているテレ朝のヘリに対空射撃の許可を(機銃構え
> さっき取材と自衛隊のヘリの高度は違うってツイみたから完全にテレ朝アウトじゃないのかに


 怒って「撃ち落とせ」と言っている者も多い。実に何百人もの人間が、錯覚に騙されていることが分かる。
 どうやら多くの人には、この映像がこう見えたらしいのである。

 実際はどうかというと、手前に写っているテレビ朝日の取材ヘリはEC-135、全長は約10m。奥の自衛隊のヘリはUH-60J、全長は約20m。つまり大きさは倍違う。
 本当はこう。

 大きさが倍違うということは、仮にカメラとEC-135の距離が、カメラとUH-60Jの距離の約半分だとすると、両者はほぼ同じ大きさに写るはず。
 実際はEC-135の方が大きく映ってるから、EC-135は、カメラとUH-60Jの中間地点よりも、ずっとカメラに近い位置にあることになる。

 僕がこうしたことをTogetterで指摘したところ、まとめ主はこんな反論をしてきた。

>@hirorin0015 少なくともNHK機と自衛隊機の間の高度に入っているということは理解出来ますか? また、近づくことで要救助者の声が聞こえなくなったり、圧縮空気で気流が乱れたりすることが救助の妨げになることは理解出来ますか? 他社はそのためのマージンを取って撮影していることは理解出来ますか?

 彼はまだ理解できていないと見える。横から見ると、位置関係はこうなるのだ。(縮尺は正確ではない)

 NHKのヘリのカメラはとてつもない高性能で、福島第一原発の事故の際には、原発から30km以上離れたところから撮影していた。
http://digitalian24.blog10.fc2.com/blog-entry-527.html
 今回の水害でも、NHKはかなりの高度からズームで撮影しており、ツイッターではそれに驚いている視聴者も多い。(「NHK ヘリ ズーム」で検索してみてほしい)
 おそらくNHKのヘリの高度は最低でも500m、自衛隊のUH-60Jとの距離は1000m以上あるのではないか。
 仮に自衛隊のUH-60JとNHKのヘリの距離が1000mだとしたら、UH-60JとEC-135の距離はその半分以上、つまり500m以上離れていることになる。 おそらく高度も(NHKのヘリよりは低いが)300mはあるはずである。
 つまり、まったく自衛隊機を妨害してなどいない。

 今回の一件で僕が思い出したのは、今年のはじめにあったこれである。

遠近法を知らない人たち
http://hirorin.otaden.jp/e413111.html

 映像に写っているからといって、「……のように見えるから」と言って、それが真実とは限らない。人間の直感は、しばしば人間を裏切る。
 錯覚に騙されるのは悪くはない。しかし、錯覚を元に誰かを罵倒したら、それはダメだ。テレ朝のヘリを非難した人たち、反省してほしい。

 おっと、先回りして言っておくけど、「テレ朝は前から偏向報道をやってるから、デマを流されてもしょうがない」などと、開き直る発言は禁止ね。その人や組織がどんなに悪くても、過去にどんな間違いをやっていても、デマを流していいわけじゃない。
  
タグ :デマ


2015年07月13日

お前の行為はアイコンに恥じないものなのか?

 先日の新幹線放火自殺事件をめぐって、ひどいデマを流している連中がいたので、ツイッターでそれを晒して批判した。反響が大きかったので、Togetterにもまとめた。

新幹線放火自殺事件・「ネタ」だと言えば許されるわけではない
http://togetter.com/li/841431


 分からない方がおられるかもしれないので、ちょっと背景を補足。
「李田所」というのは、2012年に生まれたデマ。この年の6月3日、在特会の新宿でのデモで、「うるせえよお前ら」と言っただけの老人が取り囲まれて押し倒され、暴行を受けるという事件があった。
 その直後、「暴行された老人は総連幹部・李田所(イ・ジョンス)」というデマが流れ、いっぺんに在特会とその周辺で拡散した。朝鮮人が仕掛けたトラップだったのだ、というのである。(もちろん動画を見れば、在特会の側から一方的に暴行を仕掛けたことは明白なのだが)
「田所」というのは『真夏の夜の淫夢』というAVにひっかけた名前、いわゆる「淫夢ネタ」だったのだが、気がつかない者が大勢いたのだ。そもそも「李」「田所」と姓が二つあるのが変だろ。

http://matome.naver.jp/odai/2133888198824560101

 これがうまくいって味をしめたのか、その後も「李田所」という名はいくつものデマに登場している。今回のデマの中に出てくる「朴秀」「遠野」「清野」などというのも、やはりAVの登場人物にひっかけた名である。

 もうひとつの「唐貴洋」「ケレセウェ・チェケヒロ」というのは、実在の弁護士・唐澤貴洋氏を中傷するデマ。2ちゃんねるで誹謗中傷を繰り返していた人物に関する開示請求を行なうなど、ネット上での中傷行為に対処する活動をしていた人物なのだが、その結果、逆恨みを受けて猛烈な中傷攻撃を食らった。
 彼らは唐澤氏をオウム真理教になぞらえて「尊師」と呼び、法律事務所の名前(現・法律事務所クロス)にちなんで「恒心教」などと名乗って中傷を続けている。

http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%94%90%E6%BE%A4%E8%B2%B4%E6%B4%8B

 今年の4月、グーグルマップが改竄され、皇居が「オウム真理教皇居支部道場」、警視庁が「恒心教警視庁サティアン」、広島の原爆ドームが「核実験場」と表示される事件があった。これらもこうした一味のしわざではないかと思われる。

皇居や警視庁の地図表示が改竄 グーグルマップで被害
http://www.sankei.com/affairs/news/150420/afr1504200028-n1.html

 6月14日には、練馬区役所とともに、法律事務所クロスを爆破するという予告が掲示板に書きこまれ、警察が警備を強化するなど、大きな騒ぎになった(偽計業務妨害という立派な犯罪)。

練馬区役所に爆破予告 「無能警察は早く私を逮捕してみなさいよ」
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1506/14/news020.html

 今月4日に奈良で起きた小学6年生の女子児童の誘拐監禁事件でも、やはり唐澤氏の法律事務所に所属する弁護士が犯人だという、悪質なデマが流された。(犯人は無職の男だった)

伊藤優容疑者、奈良11歳少女連れ去り監禁事件 橿原市南八木町の無職
少女誘拐事件の犯人が法律事務所クロスの弁護士とデマ広がる
http://breaking-news.jp/2015/07/06/020490

 その両者が、新幹線放火自殺事件の発生に合わせ、同時多発的にデマを──それも在日コリアンへの偏見にまみれたデマを流したのである。
 デマの中に出てくる人名がばらばらだということは、彼らが互いに示し合わせていなかったことを意味している。何人もの人間が同時に、「この事件をネタにデマを流してやろう」と思いついたのだろう。

 こういうデマを批判すると、「ネタにマジレスwww」などと笑う奴がいる。
 でも、笑いごとで済まされるのか、これが?
「李田所」デマを流している奴は、レイシストをひっかける釣りのつもりだったのかもしれない。しかし、在日コリアンへの偏見を助長するデマであるのは間違いない。
 まして、放火自殺に巻きこまれて亡くなった女性を、犯人の恋人だとか「どうせ死ぬならチョッパリに迷惑をかけて死ぬ」と言っていたなどと中傷する行為も、「ネタにマジレスwww」と笑って済ませるのか?

 今回、こういうことを書いて攻撃を受けるかな……と思ったら、ぜんぜんなくて拍子抜け。「恒心親衛隊」を名乗るナチスアイコンの奴(分かりやすい!(笑))が、「作家って忙しいと思っていたが案外暇なんだな」と言ってきたのと、もう一人、「唐澤ザ凍結丸」という奴が、やはり「こんな朝早くなのに暇なんですね(笑)」と言ってきたぐらい。他にツッコミどころないのか(笑)。
 ハンドルから分かるけど、こいつらは唐澤弁護士を中傷するデマを流してた一味である。今回のデマのうちのいくつかも、彼ら、または彼らの同類のしわざだろう。
 もう一人、「心技体造」という奴が、関東大震災の時の朝鮮人虐殺を「悪質なデマ」とか書いてたんで、「うわー、やっぱり湧いて出たよ、「朝鮮人虐殺はなかった」デマを信じてる奴!」と書いたら、僕のことを「差別的な人だ」と怒り出した。どっちがだよ(笑)。そんなデマを広める方がよっぽど差別だろ。

 今回の反応を見て分かったのは、こういう誹謗中傷デマを流す人間や、それを見て喜ぶ人間もいることはいるが(僕の感覚では全体の数%程度)、やはり大多数の人は不快に思っているということだ。
 そりゃそうだ。それが正常な人間の感覚だよ。
 こういうことをやって喜ぶ人間の方が異常なんだよ。


 反応の中でも、僕がすごく共感したのは、アイコンにアイマスの絵を使い、IDにも「imas」という文字を使っていた「唐澤ザ凍結丸」に対し、「それからそこのクソ馬鹿。今すぐIDと名前からアイマスを外せ」と怒っていた人がいたこと。(現在、アイコンは変えたが、もちろんIDはそのままである)
 その感覚、すごくよく分かる! こんな奴にアイマスの絵使われるの、すげー嫌だわ。
 アイマスに限ったことじゃない。今回の悪辣なデマを流していた連中の中にも、アニメ絵をアイコンにしてる奴が何人もいる。その作品のファンが見たらどう思うんだろう。

 ちょっと前にもツイッターで、ひどい差別的なことを平気で書いていた奴が、白井黒子のアイコンを使っているのを見たことがある。僕は決して『とある』シリーズのファンというわけではないのだが、それでも不快な思いをしたものだ。
 お前のその言動は、そのアイコンに恥じないものなのか?
 もし美琴や黒子が現実にいたら、ジャッジメントされるのお前の方だよ?

 同じことは日の丸アイコンについても言える。
 もちろん、アイコンに日の丸を使うこと自体は、べつに悪いことじゃない。 日の丸を誇りに思うなら、胸を張って使えばいい。
 でも、日の丸アイコンの奴が汚い言葉を書き殴ってたり、差別的なデマを拡散したりしているのを見ると、すごく複雑な気分になる。

 お前の行為は日の丸に恥じないものなのか?
 日の丸を自分で汚してるんじゃないの?
  


2015年06月03日

彼らは調べようとしない・4

 他にも最近、こんなデマがあった。

【報道規制】【テロ?】5/19-20千葉、葛飾、北九州、上野で爆発音や爆発炎上【地震?隕石?】
http://togetter.com/li/823941

 今年の5月19日午前2時頃、千葉で爆発音が聞こえた……という話なのだが、同日午後7時頃の上野のビル火災が、なぜかごっちゃにされている !
 しかも、まとめの最初のツイートが2011年7月22日。おそらく「千葉 爆発」でヒットしたツイートを、確認もせずにまとめに入れたものと思われる(他にもいくつか、明らかに無関係のツイートが混じっている)。
 北九州の爆発音というのは、検索してみたけど有力なヒットなし。

>関東大震災の前にも、大砲の様な音が聞こえたって言うよね。 

>やばいぞ!関東!箱根と連動してるぞ。

>関東大震災前兆か!?


 などと、地震の前兆だととらえている人。

>ベクテルかな

>海ほたる ベクテル 検索


 と書いているのは、「阪神大震災はベクテル社が起こした人工地震」という説を信じてる陰謀論者だろう。
 この人は他にもこんなことを言っている。

>これ、連続テロでは?
>油テロや放火テロの次の段階に入ってる悪寒。

>一日に3回も4回も謎の爆発あったら、それはもう報道されないなら真っ黒なやつだろ…((((;゚Д゚)))))))

>21ってことは朝鮮系かな

>7月が近づいて在日朝鮮人たちがかなりイラついてきたのと、今日の爆発音だらけなのは、決して無関係とは思えない…

 何で「決して無関係とは思えない」と思えるのかが謎。

>これが理解できない人は、すごく洗脳が深いか、ただのバカなんだよなぁ…

 って、すごいブーメランだ(笑)。

 他にも、

>連中がヘマし大事免れた可能性。

>要注意!創価学会!!
>5月19日未明に千葉県の東京湾沿岸部で謎の爆発音が聞こえたと話題に、偽本尊への題目が原因では?

>ユダヤ朝鮮裏社会さん、変なことしましたか。


 などと書いている人も。
 音を聞いただけで犯人が分かるって、みんなすごい推理力ダナー(棒読み)。

 もっと笑えたのがこれ。

>【水星逆行?】これは実に奇妙な事象だ。国立天文台のサイトで調べた水星逆行開始時はAM02:08だが、爆発音のタイミングはこれにほぼ完全にシンクロしている。

 何で水星が逆行して爆発が起きるんだよ!(笑)

 僕は最初、隕石かと思っただが、製鉄所の事故だったようだ。

JFEスチール株式会社
東日本製鉄所(千葉地区)における大きな音の発生について [2015/05/20]
http://www.jfe-steel.co.jp/works/east/

 2015 年 5 月 19 日 1 時 56 分に、東日本製鉄所千葉地区西工場(千葉市中央区川崎町 1 番地)の製鋼工場において大きな音が2度発生しました。
 これは、転炉での処理(溶けた鉄の成分調整)工程で発生した副生ガスを、防災対策の手順に従い、燃焼放散いたしましたが、その際に一部設備の損傷が生じ、これに伴い大きな音が発生したものです。
 原因については、現在調査中です。
 これらの設備トラブルによる可燃性ガスの拡散は認められず、近隣地域への影響はございません。また火災ならびに負傷者も発生しておりません。
 都市部に立地する当社にとって、災害・事故の防止は、製鉄所操業の最重要課題であり、原因を究明したうえ、更なる防災対策の徹底と管理体制の強化を図って参ります。
 地域の皆様をはじめ、市民の皆様には、ご迷惑およびご心配をおかけし、深くお詫び申し上げます。

「報道規制」も何も、この程度のことはいちいちニュースで取り上げられないのは当たり前だ。
  
タグ :デマ


Posted by 山本弘 at 18:52Comments(6)事件メディアリテラシー

2015年06月02日

彼らは調べようとしない・3

 イソップ童話では、「狼が来たぞー」と嘘をつき続けた少年は、みんなから信用されなくなる。
 だが、今の日本は違う。嘘つき少年に騙されても騙されても、それでもなお信じ続ける人間が多い。騙されたことで腹が立ったり、自己嫌悪に陥ったりしないのか。それとも「騙された」という自覚すらないのか。

http://linkis.com/blog.livedoor.jp/abe/W22Su

>衝撃的事実。日本の皆さんはこの事実をよく知っておくべき。

>日本刑務所の囚人内訳
>32%が 朝鮮韓国人
>21%が 帰化人
>33%が 中国人
>11%が 他外国人
>3%が  日本人


 これがツイッターで流れてきた時には、本当にびっくりした。元のツイートはすでに消されてるんだけど、僕が見た時には、すでに多くのコメントがついていて、信じている人間が大勢いたのだ。
 いやいや、こんなの見た瞬間、怪しいって分かるだろ!?

 2013年の政府の「矯正統計」のデータを見てみる。

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001120338

 平成25年の刑務所の年末収容人員は62,971人。うち外国人は3,657人(5.8%) 。
 国籍別の内訳は、韓国・朝鮮人が1,210人、中国人852人、ブラジル人274人、イラン人221人、ベトナム人130人、フィリピン人120人。
 つまり韓国・朝鮮人の割合は1.9%。
 ちなみにこれは来日外国人も含めた数字なので、在日外国人に限定すればもう少し少ない。
 データを過去にさかのぼってみた。韓国・朝鮮人の入所者は、平成18年1788人、平成19年1717人、平成20年1590人、平成21年1508人、平成22年1500人、平成23年1459人、平成24年1334人。
 そう、着実に減ってる。

 そもそも「帰化人」とか書いてあるのがおかしい。入所者が帰化した外国人かどうかなんて、法務省のデータには載ってない。誰がどうやって調べたのって話だよ。

 ほんと、明らかに怪しい数字だし、ちょっと調べたらデタラメって分かるんだけどねえ。調べないんだよなあ。
「衝撃的事実」って書いてあったら、事実だと思っちゃうのかなあ?
  
タグ :デマ


Posted by 山本弘 at 19:21Comments(7)事件メディアリテラシー

2015年06月02日

彼らは調べようとしない・2

 最近、東日本大震災から4年も経って、さすがに放射能デマは少なくなってきたように思えるが、嫌韓デマや反・反日デマ(「これは反日活動だ!」と騒ぎ立てるデマ)はいっこうに治まる気配がない。
 たとえばこういうのがあった。

神社は燃えるもの
http://togetter.com/li/819442

>この短期間で神社仏閣の全焼ってこんなにあるの!
>マスゴミは何で報道しないんだよ!


 と驚く人たち。そして、当然、「外国人のしわざ」という話になってゆく。

>わかっているのは、こんなバチ当りな事は日本人に出来ないと言うことです。

>日本人にはこんなひどいことを神社仏閣にできません。


 おいおい、あんた、延暦寺とか金閣寺とか知らんの?(笑) つーか、日本人が神社仏閣を破壊した例なんて、歴史上いっぱいあるんだが。明治時代の廃仏毀釈とか。
 日本史を知らないこの人こそ、本当に日本人なのか疑問に思うのだが。
 そもそも「バチ当り」って言うけど、放火という行為自体が神をも恐れぬバチ当たりな行為なのだから、放火犯が神社仏閣を避けると思う方がおかしい。

>小泉純一郎政権→韓国人2006年3月より無期限ビザなし以降、神社仏閣への犯罪が大増加!これは日本へのテロだ!

 本当だろうか? ネットでは去年、すでに調べている人がいた。

毎年神社・寺社は平均毎週2~3社ずつ燃えている
http://d.hatena.ne.jp/next49/20140501/p1


 2006年どころか、2003年からずっと、年平均約130件の神社・寺社の火災が起きていて、増加傾向は認められない。
 ちなみにこの人は2003年までしかさかのぼっていないが、僕がさらに調べたところ、2000年は152件、2001年は144件、2002年は155件だった。
 つまり、ちっとも増えてない。
 統計局ホームページの「宗教団体数,教師数及び信者数」のデータによると、平成24年現在、神道系の神社・寺院は81,131社。仏教系の神社・寺院は75,935社。合計15万7000社というところである。(教会、布教所は含まず)

http://www.stat.go.jp/data/nenkan/23.htm
 
 つまり大雑把に、1200社に1社ぐらいの割合で火災に遭っている。
「増えている!」と主張する人間は、こういうデータを調べようとしない。

 思うにこれは「福島で鼻血が増えている」というのと同じ話ではないだろうか? それまでと発生数は変わらないのに、急にそれが注目を集め、「増えている!」と騒がれているだけなのでは?

 ただ、普通の家に比べ、神社や寺が放火に遭う率が倍ぐらい高いのは事実である。
 たとえば平成24年の例で見ると、106件中46件が放火。年平均47件。

http://www.bousaihaku.com/cgi-bin/hp/index2.cgi?ac1=B310&Page=hpd2_tmp

 なぜ神社や寺は放火の標的にされやすいのか。ここのサイトに分析がある。

寺・神社の犯罪事情
http://www.hanzai.net/temple/

>泥棒や放火犯にとって、最も重要なことは「人目に付かず確実に逃げられること」。
>神社仏閣は下記の通り、犯人にとって「犯行しやすい環境」ベストコンディションであるということをぜひ認識し、少しでも対策することが重要です。

>「観光客、参拝者を装って下見」が可能。誰にでも開放されている場合が多いため、いつでも下見や犯行を行うことができる。
>樹木に囲まれており、道路など外部からの見通しが悪い。
>夜間暗がりがあり、隠れたり犯行を行うのに適している。
>誰にでも開放されているため、たまたま誰かに出くわしても参拝者を装い逃げることが可能。
>大切な仏像や宝物、賽銭などが手に届くところに置いてあり、周囲に人目がない時間帯が多い。
>無住の寺社も多く、異常が発見されにくい。

 まことに筋の通った説明である。
 もうひとつつけ加えるなら、「民家に火をつけるのに比べて罪悪感が少ない」というのもあるのではないだろうか。人のいない寺や神社に火をつけても、民家に比べて焼死者が出る可能性が少なく(それでも毎年何人か亡くなっているのだが)、建造物が燃えるのをただ見てみたいが人は殺したくないという奴には、心理的なハードルが低いのかもれない。
 そしてこの説明は、犯人が外国人でも日本人でも当てはまる。もちろん外国人が犯人の場合もあるが、「神社に放火」と聞いただけで「日本人に出来ない」と言い出すのは、明らかにおかしい。

 ちなみに、ツイッターでこの話を話題にしたら、こんなことを書いてきた奴がいた。

>@hirorin0015 @togetter_jp ひょっとして、最近多いシナ系の帰化人の方ではないでしょうね。日本語の堪能な優秀な工作員も入って来ているそうですが。

「最近」ってあんた(笑)。
 僕が作家であることはプロフィールに書いてあるし、ちょっと検索すりゃあ経歴なんかすぐに出る。たとえば僕が1978年の奇想天外SF新人賞で佳作に入った……なんてデータも出てくるんだが。
 だけど、検索しないんだよなあ、こういう奴は。


 前にも書いたけど、この手の「犯人は外国人」「犯人は在日」とかいう噂のほとんどはデマである。(嘘であることが判明しているか、真実であるという証明がない)

http://hirorin.otaden.jp/e273759.html

 だからこういう話は、まず「デマじゃないか」と疑うのが正しい。
 先日も、「神社に油を撒いていた犯人は在日コリアン」という情報が流れてきたんで、どうせまたデマじゃないかと疑ったら、本当だったんで驚いた。まあ、確率的には、デマみたいなことが実は事実という例もあるわけだけどね。
 でも、案の定、正しかった情報の他にも、無関係の人物・団体を犯人扱いするデマも流れていた……。

http://japanlove.jp/


【6月3日追記】
 最後のデマについて補足説明。
 容疑者が「米国在住で東京都内に拠点があるキリスト教系の宗教団体幹部(52)」「東京都出身で2013年に教団を設立」という報道から、2ちゃんねるで犯人探しが行なわれ、この手がかりに該当する3つの宗教団体の名前が挙がった。
 ところがそのうちのひとつ「日本キリスト教バプテスト会東京教会」の代表者・李起龍氏(42)が、名前が朝鮮名だというだけの理由で、たちまち「犯人」ということにされてしまったのである。
 その後、本物の容疑者は別の団体の金山昌秀という人物(在日韓国人。ただし、すでに帰化して日本人になっている)だと判明するのだが、あきれたことに、それでもデマは収まらない。
 今度は李起龍氏と金山昌秀が同一人物だというデマが流れるのだ!

寺社に油をまいた犯人に関するデマ
http://kyoumoe.hatenablog.com/entry/20150602/1433236126

 東京教会はすぐにデマを否定する声明を発表。

【寺社油まき事件】容疑者と誤解された教会が「一切関係ない」と異例の声明
http://getnews.jp/archives/983149

 はい、年齢も経歴もぜんぜん違いますね(笑)。
 当然のことながら、李起龍氏を犯人扱いして中傷した連中からは、まったく謝罪や反省の声は聞かれない。
  
タグ :デマ


Posted by 山本弘 at 19:12Comments(14)事件メディアリテラシー

2015年06月02日

彼らは調べようとしない・1

 もう30年ぐらい前になるが、こんなジョークを考えたことがある。

「熊本民謡『おてもやん』は長崎の原爆投下の予言である」

 ピーチク パーチク ひばりの子
 げんぱく茄子の いがいがどん

「ピーチク」は原爆を投下した爆撃機B29、「パーチク」は原爆が投下された8月9日、「ひばり」とは高空を飛ぶB29であり、その「子」とは、投下される卵型の原爆のこと。「げんぱくなすび」は「原爆為す火」であり、「いがいがどん」は原爆を意味する「ピカドン」である……。
 この話、1992年、東京で開かれたオカルト系イベントの中のパネルディスカッション「サイキック・バトルロイヤル」で喋った。べつにノストラダムスでなくても、その気になれば、予言でも何でもない文章からこじつけで予言を読み取ることは可能だ、という例としてである。聴衆からは「なるほど」「間違いない」という笑いが起きた。
(このディスカッションのことは、後で『サイキック・バトルロイヤル』(鷹書房弓プレス)という本にまとまった)

 その後、故・志水一夫氏から、そのイベントに同席していた超常現象研究家の某氏が、僕の話を聞いて気分を害していたという話を聞かされた。

「〇さん、あの説を真剣に唱えてたんだよ(笑)」

 いやー、誰でも思いつくようなネタだから、誰か先に考えていた人がいるかも……とは思ったが、まさか真剣に信じてる人がいるとは思わなかった。


ネットのデマはなぜ無くならないのか?「8.6秒バズーカー」「翁長知事の娘」から考えるデマと寄生の関係
http://bylines.news.yahoo.co.jp/furuyatsunehira/20150424-00045120/

 この「ラッスンゴレライ」=「落寸号令雷」という話、最初に聞いた時、「民明書房か!?」とツッコんだ(笑)。そして、「いくらなんでもこんなアホなデマを本気にする人間など、そんなに多くないだろう」と思った。
 ところが、本気にして騒ぎ立てる人間が大勢いたのにはあきれた。みんな『男塾』読んでないの? もしかして「ゴルフを発明したのは呉竜府」とか言われたら信じちゃうの?

 さらにあきれたのが、この記事についたコメント。

>根拠のないデマなら、否定する根拠が欲しい。

>諸説ある内の(アナグラム説が有力)1説を否定したからといって完全にデマと断定できないだろ?


 おいおいおい、そりゃ逆だ!
 どうもこういう人の頭の中は、「噂は完全に否定されるまではデマではない」という理屈が支配しているらしい。この理屈がどれほどバカげているかは、それを自分の身に置き換えてみれば分かる。

 仮に、あなたがネットで、「あいつは子供の頃にスーパーで万引きしたことがある」という噂を流されたと想像してみてほしい。その噂を完全に否定するまでは、デマではないことになるのか?
 考えてみれば、あなたがこの噂を否定することはきわめて困難であることが分かるはずだ。「そんなことやってませんよ」と言うだけでは否定したことにならない。やってない証拠を出さなくてはならない。でも、やってない証拠って何?
 そのスーパーの人に証言してもらう? でも、何十年も前の万引き事件の記録なんか残っているだろうか。親に証言してもらう? その証言が正しいとどうやって証明する?

 スマイリー・キクチ氏など、「女子高生を暴行殺害した」というデマを流され、それを打ち消すのに10年を要した。
http://hirorin.otaden.jp/e226018.html

 それを思えば、もしあなたが何かデマを流されても、それを完全に打ち消すのはきわめて困難であり、多大な労力を要することが分かるはずだ。
 8.6秒バズーカ―の場合も同じだ。彼らが反日活動家ではないことをどうやって証明すればいいのだろう? 舞台の上で日の丸を振ってみせる? でも、そんなの「ただの演技だ」と言われたらおしまいだよね。
 つまり「否定する根拠」を要求する連中は、無理難題を言っているのだ。

 デマの怖ろしいところは、言い出す奴や拡散する奴はローコスト(具体的な証拠を提示する必要がない)だが、それを否定する側は大きな労力を要求されることだ。まったくもって不公平である。
 証拠を提示する責任があるのは、「やった」と主張する側だ。立証責任を相手に押しつけてはいけない。
 だから、「噂は完全に否定されるまではデマではない」と考えてはいけない。「噂は事実だと証明されるまではデマ」と考えるのが正しい。
 もちろん、それが最終的にはデマではなかったと分かる場合もある。しかし、ネット上では「デマっぽい話がやっぱりデマだった」という例が圧倒的に多い。怪しい話に接した時は、判断を保留することだ。
「やっぱり事実だった!」と言うのは、確実な証拠が出た後でも遅くはない。

 こんなことを書いている奴もいる。

>ネットではいろんな人間が自分の考えた検証結果を投稿しています。中には私もこじつけだなあと思うものも多いです。しかし、いくつか「偶然」とするには納得行かないものもあります。例えば、ネタ中にセットで出てくる「ウルグアイとアルゼンチン」「サウジとインド」この2国の首都を結ぶと、8.6原爆爆撃機の発進地テニアン島と原爆投下地の広島を通ります。それが更にコンビ名「8.6」とも符牒するなんて出来過ぎです。奇跡のような偶然でこれが起こったと考えるより、意図的に企てたとするほうが遙かに合理的思考だと思いますが…。

 僕は即座に、グーグルアース上で線を引いてみた。
 サウジの首都リヤドとテニアン島を結ぶ線は、インドの首都ニューデリーを通過しない。つまりリヤドとニューデリーを結ぶ線はテニアン島は通過しないのだ。


「ウルグアイとアルゼンチン」の方は……って、これ日本から見てほぼ地球の真裏じゃん!
 そりゃあ地球の真裏からなら、どっちの方向に線引いても、かなりの確率で日本に突き当たるよなあ。
 グーグルアースで見ると、ウルグアイの首都のモンテビデオとアルゼンチンの首都ブエノスアイレスはすごく近い。200kmぐらい。地球の円周は4万kmだから、その200分の1。
 つまり円周70cmのサッカーボールに3.5mmぐらいの線を引く行為である。
 で、モンテビデオから広島に向けて線引いてみたら、やはりブエノスアイレスは通過しなかった。


 つまり、このデマを信じてる人間は、自分で調べてない。
 誰かが「ウルグアイとアルゼンチンの首都を結んだら広島を通る」と言ったのを、検証もせずに鵜呑みにしているのである。
 グーグルアースをインストールしてりゃあ、簡単に調べられるのに、その程度の労力をかけない。そして、デマを信じこみ、誹謗中傷する。

 こういう人間はきっと、他にもいろんな嘘に騙される。
  
タグ :デマ


Posted by 山本弘 at 17:59Comments(23)事件メディアリテラシー