2010年01月15日

『11月のギムナジウム』『ウは宇宙船のウ』

 娘に読ませたい本を探しているうちに、本棚からこんなのが出てきた。

萩尾望都『11月のギムナジウム』(小学館文庫)

 1976年、僕が20歳の時に買った本。収録されている9本の短編は、1970~71年に発表されたもの。
 僕はもちろん『11人いる!』『スターレッド』『精霊狩り』などのSFものも好きなんだけど、実は一番好きなのがこの短編集なんである。
 普通、短編集というと玉石混淆なものなんだけど、この本はどの作品もみんなレベルが高い。ハズレがないのだ。初めて読んだ当時、驚嘆して、「この人は天才だ!」と確信したもんである。

 たとえば「塔のある家」。古い家の塔に住む3人の妖精が、引っ越してきた少女の人生を見つめ続ける話。少女が成長し、幼なじみとの別れ、両親との死別、失恋などを経験し、最後に結婚して子供ができるまでを描ききる。
 たった32ページで!
 濃い。濃すぎる。何で32ページで長編なみのドラマが詰めこまれてんの?

「小夜の縫うゆかた」もいい。こっちは日本の平凡な中学生の少女が主人公。彼女が浴衣を縫いながら、過去のことをあれこれ回想するという内容なんだけど、その日常感覚がリアルで素晴らしい。たった16ページの中に、印象的なエピソードがいくつも詰めこまれていて、その上手さにため息が出る。
 特にストーリーは無いんだけど、これからヒロインやお兄さんやその友人たちがどんな話を繰り広げるのだろうかと想像すると、ここから過去と未来に向かってドラマが広がってゆくのを感じる。
 あと、些細な日常のしぐさを描くのが上手いんだよね。お母さんが「なんの、ほかにぜいたくしとるわけじゃなし」と言いながら布を巻く手つきがほれぼれする。

「雪の子」はエミールというキャラクターが印象的。
 どう印象的かを書くとネタバレになっちゃうんで書けないんだけど、自分の数奇な境遇を明かした後で、「そのことに少しの不満も持ってない」「これっぽっちもきゅうくつな想いなどしなかった」と言い切る姿にしびれた。
 運命と戦うキャラクターもいいけど、ここまで冷静に自分の運命を受け入れているキャラクターも、かえってかっこよく感じられる。

 いちばん衝撃的だったのが「かわいそうなママ」。
 母を亡くしたばかりの少年が、来客に母の思い出を語るという話なんだけど、無邪気な語り口からだんだん背景が見えてくる。ついに少年の口から真相が(さらりと)語られた瞬間、強烈なショックを覚えたもんである。
 十数年ぶりに読み返してみたけど、やっぱりすごい。よくぞこんなインモラルな話を、ここまで美しく描けたもんだ。まぎれもなく大傑作。
 こういう話を21~22才の頃に描いてたんだよねえ。やっぱりとてつもない天才だわ。

 ちなみに表題作は、僕はてっきり『トーマの心臓』の原型で、これを元にふくらませたんだと思ってたんだが、Wikipediaによれば、『トーマの心臓』の方を先に考えてたんだそうだ。へー、知らなかったよ。

 ちなみに、現在出ている95年版の『11月のギムナジウム』は、76年版とずいぶんラインナップが違い、「雪の子」も「小夜の縫うゆかた」も収録されていないらしい。ご注意。

(「小夜の縫うゆかた」は2008年に出た『萩尾望都パーフェクトコレクションセレクション』9巻に収録されているらしい)

 同時に発掘したのが、『ウは宇宙船のウ』(集英社漫画文庫・1978)。レイ・ブラッドベリの短編小説をマンガ化した作品集。
 これも30年以上前になるんだなあ。当時、連載されていた『週刊マーガレット』を立ち読みしていて、毎回、舌を巻いていたもんでありますよ。
 それにしてもこの頃のマンガって、新作がいきなり文庫サイズで出てたよねえ。何で普通のサイズで出さなかったんだろ。

 僕が感心したのは「ぼくの地下室においで」。日常生活に忍び寄る宇宙からの侵略を描いた話。原作を読んだ時はぜんぜんこわくなかったんだが、萩尾さんの手にかかると、一級のホラーに生まれ変わっていて驚いた。
 特にラスト1ページの「さあ……」というコマのこわいこと。これはマンガでしか使えないテクニックだよなあ。

 せつない怪獣もの「霧笛」、ラストで“死”の意味が反転する「びっくり箱」、悲しくも奇妙な結末が印象的な「宇宙船乗組員」など、どれも忘れがたいんだけど、いちばん好きなのは「みずうみ」。

「みずうみ……みずうみ……タリーを返せ」

 これはおそらく究極のロリコン小説だろう。だって「永遠に歳を取らない12歳の美少女に比べたら、現実の大人の女なんかどうでもいい」という話だもんね。
 しかもこのマンガ版では、萩尾さんの描くタリーの美しいこと! 少女マンガに登場した最強の美少女(誰も勝てない、という意味で)であると断言する。

 ちなみに97年に小学館文庫から再刊されていて、入手可能らしい。未読の方はぜひ。

  


Posted by 山本弘 at 18:04Comments(6)マンガ

2009年04月14日

女ターザン・コミック始動!

『週刊コミックバンチ』(新潮社)にて、僕が原作を書いた『魔境のシャナナ』というマンガの連載がはじまった。絵は『BOYS BE…』の玉越博幸氏。



 コミックバンチ公式HP

 時は1947年、舞台はアマゾン流域。ジャングルで育った美少女シャナナが、邪悪な呪術師やら怪獣やらナチスのマッドサイエンティストやらと戦うというストーリーだ。
 アメリカでは1940年代から女ターザン・コミックというのはわんさかあったが、日本にはあまりなかった。永井豪の「ビバ!女ターザン」やMEIMUの「ネオ昆虫世紀コーカサス」のような短編、石ノ森章太郎の『ワイルドキャット』や青沼貴子の『ペルシャがすき!』のように野性で育った女の子が文明社会にやってくる話ばかり。長編でなおかつ最初から最後までジャングルが舞台の女ターザンものというのは、日本ではたぶんこれが初めてのはずである。

 誕生のいきさつは昨年夏にさかのぼる。
 接触してきたのは『バンチ』の編集部の方から。玉越さんが『MM9』に惚れこんでしまって、ぜひマンガ化したいということだった(すでにヒメのイラストまで描いていた)。
 あいにく、マンガ化の企画はすでに角川の方で進んでまして……と、お断りしたのだが、向こうはそれでも僕と仕事がしたいみたいで、「それなら『MM9』以外に山本さんの原作で何か連載を」という話になってきた。
 そこで、過去に別のところに企画を提出してボツられた『機装妖精チャイカ』だとか、『詩羽のいる街』の作中作である『戦場の魔法少女』だとか、いろいろ企画を見せたのだが、どうも反応がイマイチだった。
 編集部や玉腰さんとしては、ヒメの印象が強かったので、怪獣と戦う少女がいいらしいのだ。でも、巨大化して戦うんじゃ、『MM9』といっしょになっちゃうし……。
 と、考えているうちに、ふと思いついた。

「あのー……女ターザンものはどうですか?」

 そしたらOKだって言うのよ! 女ターザンでもOKだって! まあ確かに、肌もあらわな女の子が猛獣とか怪獣と戦うシーンがいっぱい描けるわけだし。
 いやあ、言ってみるもんだね。
 たちまち玉越さんと意気投合。

「山本さん、ヒロインは何歳ぐらいがいいですか? 僕は16歳がいいんですけど」
「僕は15歳かな。黒髪か金髪かどっちがいいですか? それによってヒロインの国籍が決まるんですけど。僕は金髪の方が好きなんですが」
「どっちでもいいですよ。あと、『ナディア』のジャンみたいな感じのメガネの少年を出しましょうよ。あと、原住民の色黒の女の子も」
「いいですね、それ。いただきです」

 という具合に盛り上がってしまった。
 大阪に帰って、さっそく企画書を書きまくった。そりゃもう猛然と! だって女ターザンものは昔からずっとやりたかったのだ。
 キャラクターの設定やプロットは、A4用紙25枚の分量になった。難しいテーマなんか抜きにして、ひたすらシュミに走った。美少女の裸はもちろんのこと、怪獣、UMA、古代文明、オカルト、超科学などなど、僕の好きなネタをぶちこめるかぎりぶちこんだ。
 当然のことながら、固めシーンもある。それもほぼ毎回! 石化、水晶化、彫像化、凍結、硬直、ガラスチューブ、縮小などなど、ありとあらゆるパターンの固めを入れた。目標は「世界一固められるシーンの多いヒロイン」だ!
 それを送ったところ、しばらくしてGOサインが出たので、シナリオの執筆にかかった。

 上がってきたネームを見てびっくり。僕の書いた原作より大幅にHなシーンが増えている!

「なんかかなりHになってますけど」

 と言ったら、

「コミケで買った山本さんの同人誌(『チャリス・イン・ハザード』)を読んだら、かなり過激だったもので、これぐらい過激にやっていいのかな、と思ったんですが」

 しまったあ! 僕か!? 僕のせいか!?(笑)
 自業自得か。こりゃ文句つけられんわ。
 というわけで、第一話を読まれた方、Hなシーンの7割ぐらいは玉越さんのアイデアだと思ってください(3割は僕だけど)。
 こりゃ玉越さんに合わせた方がいいのかなと思い、第2話からエロを大幅に増量したのだが、玉越さんはそれをさらに上回るエロいネームを描いてきた。なんか中年2人の妄想が増幅し合って暴走して、これからどうなることやら。

 でもねえ、玉越さんの描くシャナナがかわいくてかわいくてかわいくて。思わずハートマークつけちゃいたくなるほどですよ、この表情。
 



 戦う時のきりりとした(でも愛らしさを失わない)顔とか、すねた顔とか、にこやかな笑顔とか、みんないいんだよねえ。
 で、この娘がこれからあんな目やこんな目に遭わされるかと思うと、原作者としてはもうたまりません。
 とりあえず、「シャナナは最後まで処女であること」「処女膜さえ無事なら何をやってもいい!」という申し合わせをしてはいるんだけど。
  
タグ :女ターザン


Posted by 山本弘 at 19:17Comments(3)マンガ

2008年12月12日

ゲッペルさんのいない人

 ずいぶん遅くなったけど、迷った末に買っちゃいましたよ、『さよなら絶望先生』第十五集限定版オリジナルDVD付き。3470(さよなら)円もするやつ。シャレで定価決めんなよ(笑)。
 でも、好きなんだよね、『絶望先生』。
 まずDVDから説明すると、やっぱり面白かった。特に今回は原作のハニートラップの話なんで、中国製のパチモン『らき☆むた』を正確にアニメで再現してみせているのが大笑いだった。

 今回、本編でいちばん面白かったのが、ゲッペルドンガーの話。
 自分がもう一人の自分を見るのがドッペルゲンガー。それに対し、もう一人の自分が自分を見るのがゲッペルドンガー。
 何かしょーもないことに熱中していた時、ふと我に返り、熱中している自分を「何やってるんだ」と、背後から一歩引いて冷ややかに見てしまう。それがゲッペルドンガーなのだという。(晴美の場合、やおいマンガを描いていて、男の乳首にトーンを貼りながらにやついている瞬間に現われる)
 ああ、あるある、ゲッペルドンガー。
 確かに、ゲッペルさんがずっと背後にいると、何でも冷ややかに見てしまい、素直にものごとを楽しめない。だから普段はゲッペルさんはいない方がいい。でも、まったくゲッペルさんが出てこないと、これまた歯止めがなくなって暴走してしまう。
 ゲッペルさんがいなくなった糸色先生は、どんどん痛い人になってゆく。つまり「痛い人」というのは、ゲッペルさんがいない人、自分を客観的に見ることができない人なんである……というお話。
 なんか、ギャグマンガなのにすごい真理を突いてくるよね、『絶望先生』。 そこがいいんだけど。

 確かにいるよなー、ゲッペルさんのいない人。「もうちょっと自分を冷静に見てみたら」とか忠告しても、ぜんぜんできない人。僕の出入りしているコミュでも、あの人とかあの人とか。
 どんなに他人からバカにされても、ゲッペルさんがいないと、なぜバカにされてるのか理解できないんだろうな。だから反省の生まれようもなく、同じことを繰り返すわけだ。
 かく言う僕も、思い出して見ると、若い頃はゲッペルさんはいなかったなあ。どう考えたって他人からは不愉快にしか見えないことを、平気でやってたもの。あー、いたたたた。

 今回は他にも、「雨降って地陥没」「主語霊」「駄目イタコ」など、「あるある!」というネタが続出。確かに「私」と言うべきところを「私たち」と言っちゃう「主語のデカい人」とか、「原作者は泣いているぞ」などと勝手に霊媒する人とか、いるよね。
 今回、いちばんの名台詞だと思ったのは

>「犬はササミの事しか考えていない!」

 そうだよなー。犬は考えてないよなー。
  

Posted by 山本弘 at 18:31Comments(3)マンガ

2008年06月27日

昔のマンガは面白い:『エリート』編

  別に今のマンガがつまらないというわけじゃない。でも、昔のマンガもけっこういいものが多いんだ。
 特に最近、埋もれていた昔の作品が復刻されることが多く、「えー、これってこんなに面白かったんだ!」と、目からウロコが落ちることが多い。
 先日、読んだのが、原作・平井和正/画・桑田次郎の『エリート』(マンガショップ)である。初出は『少年キング』1965年34号から1966年22号、その続編が『魔王ダンガー』という題で67年16号~67年31号まで連載されている。
 同じコンビで『少年マガジン』に連載されていた『8マン』が、桑田氏の銃刀法違反による逮捕で打ち切りになったのが65年13号だから、その4か月後ぐらいにスタートしていることになる。主人公・竜太郎の着用する戦闘服のデザインは、8マンに酷似している。
 僕は子供の頃、連載中に断片的に読んだだけ。ラストがどうなったかも知らなかった。そこで、2005年に復刻されたバージョンを読んでみることにした。

 滝竜太郎はマンガを描くのだけが取り得の、ぐうたらでお調子者の中学3年生。その竜太郎に、宇宙最古の超知性体アルゴールがコンタクトしてきた。
 アルゴールは人類を100万年も見守り続けてきた。人類が「神」と呼んできたのはアルゴールだったのだ。

「わたしの話をきくがよい。人類もいよいよ宇宙に進出するときがきた。
 だが、地球人類が、宇宙の平和をやぶるような兇悪な種族ならば、宇宙にのばなしにするわけにはゆかぬ。
 地球人類が他の宇宙種族と共に宇宙の平和をまもってゆけるかどうかを、ためさねばならぬ……そのときがきたのだ。
 合格しなければ人類は滅びる」

 アルゴールは地球人から3人の人間を選び、超人的な力を与えることにした。竜太郎はアルゴールによって潜在能力のすべてを覚醒され、普通の人間の5倍の知能、20倍の筋力を持つ「エリート」となる。
 他の2人は、アメリカ人の幼いジョン坊やと、大悪人のエルケーニッヒ・ダンガー。
 世界を征服することも可能なエリートの力。彼らがそれを正しく使えば、人類は栄える。しかし、誤用すれば人類は滅亡する……。
 そう、アルゴールは人類への審判を人類自身に委ねたのである。

 世界征服を企むダンガーと戦うため、竜太郎は超人的な知能を使って戦闘服を開発する。筋力を100倍以上に増幅し、反重力で空を飛び、様々な機能が隠されたすぐれものだ。
 対するダンガーが開発したのが、ペンシル・バニューム弾。ライフル銃から発射できる超小型の原爆である。ダンガーは竜太郎をおびき出すため、日本国内で原爆テロを起こす。それも何度も!
 たった1発のライフル弾によって、数千人が一瞬で虐殺されるという恐怖。その惨状が具体的に絵で描写される。桑田氏のスマートな絵柄のせいで、さほどグロくはないものの、やはり衝撃的だ。
 そう言えば、最近のマンガやアニメや日本映画では、各方面に配慮してか、核兵器が登場することさえ少なくなった(「N2爆薬」とか「MHD電池」とか架空のガジェットに置き換えることが多い)。今の子供は核の恐ろしさを知らずに育つのではなかろうか?

 さて、『エリート』が素晴らしいのは、アイデアとテーマとプロットが一致していることだ。
 平凡な作家なら、このマンガを勧善懲悪のヒーローものにしてしまっていただろう。確かに竜太郎とダンガーの、知力と体力を駆使した戦いは面白い。だが、単にダンガーだけを悪の根源として描くのでは、テーマ的には間違いである。なぜなら、アルゴールが糾弾しているのは人類全体の悪だからだ。
 この作品が描かれた頃は、ベトナム戦争の真っ最中。アルゴールは竜太郎をベトナムにテレポートさせ、人間同士が殺し合い、赤ん坊まで殺されている恐ろしい現実を見せつける。

「なぜ地球人は、人間どうしにくみあい、殺しあうのか。つみもない子どもまでまきぞえにしてしまっても平気なほど、戦争がすきなのか。人をにくみ、殺しあうことがすきなのか。地球人のひとりとしてこたえてみよ!」
「ち、ちがいます」
「それではこのありさまは何ごとだ。地球人がそれほど凶暴で下等な生物ならば宇宙に用はないっ。ほろぼすまでだ」

 このストレートなメッセージ性! これこそ最近の少年マンガにはめったにないものではないだろうか。作者の都合で語られる中身のない演説ではない。平井氏が自分の生の想いを叩きつけてきている。

 当然、凶暴な悪の心は竜太郎の中にもある。
 CIAが竜太郎の秘密を嗅ぎつけた。CIAの秘密工作員タックは、竜太郎の両親を誘拐する。
 両親は竜太郎の秘密を何も知らない。しかし、タックの上司のドランケ大佐は、両親を洗脳機にかけ、秘密をしゃべらせようとする。「さいみん機にかけると気がくるうおそれがありますっ」と抗議するタック。大佐はそれを無視する。

「これは洗脳機だ。ごうもんにかけてるわけじゃないぞっ。
 ごうもんというのは、つめをはいだり火でやいたりすることだ!!
 わしは、そんなことはしておらん」

 ブラックユーモアを感じさせる台詞。好きです。
 案の定、洗脳は失敗。ようやく救出に来た竜太郎が目にしたのは、発狂してしまった両親の姿だった!

「くるっているっ! あああーっ! ふたりとも気がくるってしまっているっ!!」

 怒りに燃える竜太郎は、両親の仇を討つために大暴れをはじめる。一方、無実の人を狂わせてしまったことを後悔したタックは、罪の意識にかられ、おとなしく竜太郎に討たれようと決意する。
 しかし、タックのそばにいた女性超能力者ローリアが、竜太郎が近づいてきたとたん、苦しがって倒れてしまった。竜太郎のすさまじい怒りの心をテレパシーで感じてしまい、敏感な神経を破壊されて狂ってしまったのだ。自分のしでかしたことに呆然となる竜太郎。
 ここでもまた、タックの口を借りて、平井節が炸裂する。

「なんてばかげているんだ!! なんてばかげているんだ!!
 だれもかれもがおかしくなってしまう……。
 世の中がくるっているからだ。人間どうしがたたかい、にくみあったり、ころしあったりするだけの理由があるというのかっ。
 こんどの事件もそうだ。エリートのきみを手に入れるために、われわれのやったこと……よその国にとられまいとしてひっしになってやったこと…………。
 なんのためだ!! きみを手にいれれば、その国は軍事てきに強大になる。
 つまり戦争に勝つためだ。
 気がくるっているとしかおもえないっ!」

 近年、「狂う」という言葉にみんなが敏感になり、使われなくなってきている。角川書店の場合、「狂」という文字すべてに校正でチェックが入る。「熱狂的」「狂信的」「狂騒」「荒れ狂う」といった言葉すべてがチェックされるんである。信じられます?
 しかし、世の中には「狂」という言葉を使うしか訴えられないことがある。上の台詞を「くるっている」という言葉を使わず、同じニュアンスで、同じぐらいインパクトのある文章に書き換えられるかどうか、やってみるがいい。
 ここは「くるっている」でないとだめなのだ。

 科学者スパイラル博士に不意をつかれ、倒されて戦闘服を脱がされる竜太郎。しかし、電子頭脳を有するロボットである戦闘服は、竜太郎の「あばれろ……あばれろっ」「なにもかもぶちこわしてしまえっ」という音声による命令に従って、空っぽのまま勝手に動き出し、手当たりしだいに破壊を開始する。竜太郎が気を失ったため、戦闘服を止めることは誰にもできない。
 竜太郎の怒りと憎悪がのりうつったように暴れ続ける戦闘服。ついには駆けつけた警官隊さえも虐殺しはじめる……。
 この他にも、随所に出てくる衝撃的な展開。単なる娯楽のための残酷描写ではない。人間の内なる残酷性を描くために、必然的に描かねばならないことだ。それを逃げることなく真正面から描く平井・桑田コンビ、その真摯さに感服する。

 とは言っても、重いテーマ性のみの作品ではない。戦闘服の機能を最大限に活用したアクションは、今見ても十分に楽しめる。そう言えば最近のマンガのバトルは、拳法ものや霊能力系のバトルばかりで、こういうSF的メカによる戦いというのも、あまりないな。やっても面白いと思うんだけど。
 萌え要素もあるぞ。竜太郎のガールフレンドのジュディちゃんだ。特に後半、ダンガーに洗脳されかけたせいで、性格が男っぽく変わってからが最高! 自ら戦闘服を着てダンガーに立ち向かったりするかっこよさ。前半のおしとやかさとのギャップが、もう萌え萌えっすよ。

 ああ、それなのに、それなのに。

 ぶっちゃけてしまおう。このマンガ、打ち切りなのだ。それまでの伏線をみんな放り出して、いきなり終わってしまうのである。おいおい、そりゃないよ。ここまで夢中にさせておいて。
『サブマリン707』の「アポロノーム編」とかもそうだけど、なまじ面白かっただけに、こういうのってがっくりきちゃうんだよねえ。

 ああ、完全な『エリート』が読みたい! 平井さんがこの話をどうやって終わらせるつもりだったか知りたい。『デスハンター』を『ゾンビーハンター』としてリメイクしたように、『エリート』の真の結末、書いてもらえませんかね。今からでも遅くないから。このテーマは現代でも通用すると思うんだけど。
 あるいは、僕が書いてもいいかも? と言うか、書きたい。アイデアだけ借りて、自己流にアレンジして……。

 と、考えていて、実はすでに書いていたことに気がついた(笑)。『詩羽のいる街』の中に出てくる架空のマンガ『戦場の魔法少女』だ。『エリート』の単行本を読んだのは『詩羽』の連載が終わった後なんで、影響を受けたはずはないんだけど、それにしても妙に似ている。主人公が目の前で両親を殺されて、ショックで大虐殺をはじめちゃうところとか。
 うーん、これはやっぱり、僕の発想の根底には平井さんの作風の影響があるってことなんだろうなあ。

 結末だけは不満が残るけど、いいマンガでした。平井さん、桑田さん、ありがとう。
  
タグ :マンガSF


Posted by 山本弘 at 14:14Comments(2)マンガ